村の写真集

村の写真集

2005年製作 日本 111分 2005年4月23日上映
rating 0 -
0 0

『村の写真集』とは

自然の豊かな徳島県を舞台とし、古い写真屋の父とその息子の複雑な想いが次第に変化していく姿を描いた、感動の物語。監督は『絵里に首ったけ』の三原光尋で、脚本も手がけている。 本作は、第8回上海国際映画祭で最優秀作品賞を、父を演じた名優・藤竜也は最優秀男優賞を受賞している。息子を『海猿』の海東健が演じ、共演に徳島出身の俳優・大杉漣が名を連ねる。徳島県出身の写真家・立木義浩が、本作に出てくる写真を監修している。

『村の写真集』のあらすじ

徳島県の山間部にたたずむ自然豊かな村、花谷村は、ダムの底に沈むこととなった。村役場は、村が消えてなくなってしまう前に、花谷村を後世に残したいという想いから、村に住む全員の家族の写真を残そうと提案する。花谷村には、ほぼ休業に近い状況にある古い写真屋があった。妻を亡くし、次女・香夏と2人で暮らしている店主・高橋研一は、その提案を受け、写真家を目指し東京へ出た息子・孝を助手につけようと村に呼び戻す。 しかし、孝は父に反発したまま東京へ出ていたため親子の溝は深く、一緒に撮影をこなしていても2人の距離は遠かった。険しい山道を行き、自分たちの足だけで一軒一軒訪ねてまわって撮影を続ける。そうしていると、孝の気持ちに変化が起き始め……。

『村の写真集』のスタッフ・キャスト

『村の写真集』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『村の写真集』に関連する作品