アビエイター

アビエイター

The Aviator
2004年製作 アメリカ 149分 2005年3月26日上映
rating 3.3 3.3
99 18

『アビエイター』とは

「地球上の半分の富を持つ男」などと評された実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの半生を、『ギャング・オブ・ニューヨーク』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んで制作された伝記映画である。映画と飛行機に情熱と注ぎ、多くの女性と浮名を流したハワード・ヒューズの心の闇に迫る。共演は『エリザベス』のケイト・ブランシェット、『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセイル。本作は第77回アカデミー賞で11部門にノミネートされ、5部門を受賞した。

『アビエイター』のあらすじ

若くして両親の莫大な遺産を引き継いだ男ハワード・ヒューズ。彼はハリウッドで映画『地獄の天使』の製作に励んでいた。ハワードは理想の映画を作るために即断即決で湯水のように金を使い、周囲の忠告に耳を貸さない。完成も危ぶまれた『地獄の天使』だったのだが、公開され無事に成功を収める。そんな中、ハワードは女優のキャサリン・ヘップバーンと恋に落ちた。彼女に支えられながら映画、飛行機事業に没頭していくハワード。しかし自分意外と接するキャサリンの知らない顔に不安を覚え、ストレスを感じると過剰に手を洗うといった彼の神経質な一面が顕著になっていく。

『アビエイター』のスタッフ・キャスト

『アビエイター』の感想・評価・ネタバレ

  • leschanz
    leschanz 3 2016年5月23日

    2016年5月上旬 レンタルビデオ ★3.3

  • エミデブ
    エミデブ 2 2015年11月20日

    マーティン・スコセッシとディカプリオのコンビでここら辺から始まったのかな。と言っても俺が見たのは中学校の時にレンタルしてきたんだけど。 正直ね、この映画を俺は理解できなかったんだよね。いろんなものに没頭していくとかが身近に感じられなかったし病的に神経質な人に会ったことなかったから、そりゃあそうだよ13歳の世界は狭い。今観ると絶対違って見えるんだよ!それは楽しみでもある でもラストシーンがすごくはっきり思い出せるんだよ。なんでかって言うと映画館独り占めしてる主人公がめちゃくちゃ羨ましかったから。主人公の精神状態はそれどころじゃなかったみたいだけどね

  • Satsuki Masuda
    Satsuki Masuda 1 2014年11月13日

    いつも通り女にだらしないディカプリが重度の強迫神経症を携えてアイキャンフライする映画。 何がしたかったのかよく分からん。金にものを言わせ、周りの制止も振り切れば夢は叶うアメリカンなドリームを体現したかったのか⁇ 2時間40分も基地外なディカプリ見せられるんだ、ならタイタニックの綺麗なディカプリでも見た方がいい

『アビエイター』に関連する作品