パッチギ!

パッチギ!

2004年製作 日本 117分 2005年1月22日上映
rating 3.5 3.5
255 13

『パッチギ!』とは

1960年代後半の京都で暮らす在日朝鮮人の女子高生と日本人の男子高生の恋模様と若者たちの姿を描いた青春ドラマ。『ビッグ・ショー! ハワイに唄えば』(1999年)の監督・井筒和幸が、松山猛の自伝的小説『少年Mのイムジン河』を原案にメガホンを取った。そして、脚本は『ゲロッパ!』(2003年)の羽原大介と井筒監督の二人で執筆し、撮影を『鉄人28号』(2004年)の山本英夫が担当している。第17回東京国際映画祭特別招待作品部門出品、文化庁支援作品であり、同年の映画賞を総ナメにした。 主演は、『天使急便』(2004年)の塩谷瞬と『鉄人28号』(2005年)の高岡蒼佑、そして『問題のない私たち』(2004年)の沢尻エリカ。

『パッチギ!』のあらすじ

舞台は1968年の京都。東高校に通う松山康介(塩谷瞬)はある日、担任の布川先生から、争いの絶えない朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行くよう頼まれた。親友の吉田紀男(小出恵介)を連れて、朝鮮高校に訪れた康介は音楽室でフルートを吹いていたキョンジャ(沢尻エリカ)という女子高生に恋してしまう。 そして、その後彼女の兄は朝鮮高校の番長・アンソン(高岡蒼佑)だと言うことを知る事となる。それでも諦められない康介は、キョンジャが演奏していた『イムジン河』をギターで練習し、朝鮮に帰るアンソンを送る会で彼女と一緒に演奏することに成功した。これでやっと彼女と仲良くなったのだが......。二人の恋の行方はいかに......。

『パッチギ!』のスタッフ・キャスト

『パッチギ!』の感想・評価・ネタバレ

『パッチギ!』に関連する作品