APPLESEED アップルシード

APPLESEED アップルシード

2004年製作 日本 103分 2004年4月17日上映
rating 3.7 3.7
30 0

『APPLESEED アップルシード』とは

『攻殻機動隊』の原作者として有名な士郎正宗のSF漫画が原作。国内だけでなく海外での人気も高い。また、初の試みであるフル3Dライブアニメという、3DCGを2Dのセルアニメのように見せモーションキャプチャを取り入れ、よりリアルな仕上がりを目指した表現方法が使われている作品である。監督は『メガゾーン23 PART III』でも監督を務めた荒牧伸志。デュナンの声を演じた小林愛は声だけでなく、フェイシャルキャプチャー技術で表情の演技も行った。

『APPLESEED アップルシード』のあらすじ

近未来の西暦2131年。世界は核大戦直後で壊滅的な状況であった。 オリュンポスと呼ばれる未来都市だけが残された人類の希望であり理想郷とされていたが、そこでの人口の半分を占めるのはクローン人間である「バイオロイド」であった。 オリュンポスではバイオロイドが政治をとり、とある計画が水面下で進められていた。大戦を生き残った女性兵士、デュナン・ナッツはある日、オリュンポスに連れて行かれる。そこでかつての恋人、ブリアレオスと再会するも、戦争で重傷を負った彼は身体のほとんどが機械化されていた。 人類存続のカギである「アップルシード」を求め、アップルシードとブリアレオスは戦いに飲み込まれていく。

『APPLESEED アップルシード』のスタッフ・キャスト

『APPLESEED アップルシード』の感想・評価・ネタバレ

  • ブルーガール
    ブルーガール 3 2016年5月19日

    攻殻機動隊から。 アニメ映画かと思いきやまさかの3D(10年以上前の映画なのでクオリティは...推して知るべし) 最初の30分を耐えれば目が慣れてきます。 クライマックスにかけては少々ベタではあっても熱い展開で良い。 原作は未読ですが十分理解できる内容だと思います。

  • ajdmjg

    CGのアニメって 好きじゃないんですけども この作品は違和感がなく スルッと入ってきた作品です ストーリーが 好きなタイプで 人は見た目が 人でないと 人と認められないのか? 人のカタチをしていても 人でなければ 人でないのか? など 観た当時色々 考えさせられました

  • エミデブ
    エミデブ 4 2015年11月19日

    AKIRAから始まったこういうジャンルをなんていうか忘れたけど(イノセンスとか攻殻機動隊とか)これ大好きなんだよね。基本的にSFは受け付けないんだけどアニメなら入り込みやすい。そして可笑しいのがアップルシードって今のところ3作あるんだけど毎回格段に映像技術が上がるんだよね。むかしはこのアップルシードもクオリティ高いCGって言われてたのかな。 もうストーリーは文句のつけようがない。俺が好きって意味でね。詳細設定までこだわってる感じとか そして何よりも大事なのがヘカトンケイレスのかっこよさ。フィギアとか集める趣味はないけどヘカトンケイレスだけはマジで欲しいってくらい好き

『APPLESEED アップルシード』に関連する作品