Jam Films 2

Jam Films 2

rating 2.7 2.7
6 0

『Jam Films 2』とは

2004年3月27日公開。R-15指定。日本映画界を代表する実力派監督たちが人気キャストを迎えて描いたコンピレーション・オムニバス・フィルム『Jam Films』の第2弾。ミュージックビデオやテレビCMで活躍する4人の監督、小島淳二、高橋栄樹、井上秀憲、丹下絋希がメガホンをとり、彼らにとっては長編映画となる約30分の短編作品にそれぞれ挑戦している。 今回の4作品の出演者には、『机上の空論』にラーメンズ、市川実日子ほか。『CLEAN ROOM』に韓英恵、麻生久美子ほか。『HOOPS MEN SOUL』に須賀貴匡、すほうれいこ、大森南朋ほか。『FASTNER』に有岡大貴、嶋田久作、三浦由衣ほか。 YUKIなどのミュージック・クリップで活躍する小島淳二監督は、世界の男性に贈る恋愛ハウ・ツー・ムービーを作り上げるなど、それぞれ個性あふれる監督の力量を最後まで楽しめる。

『Jam Films 2』のあらすじ

『机上の空論』1人の女性(市川実日子)を巡り、2人の男性(片桐仁・小林賢太郎)が恋愛ハウー・ツーに従い、激しい恋愛バトルを繰り広げる。最後に彼女が選んだ男性は……。真の愛を掴むその成就法を教訓編と実践編で分析、解説していく。 『CLEAN ROOM』無菌室“CLEAN ROOM”に籠もり、心を閉ざすユカ。そんな彼女の前に不思議な“温もり”を持った女性が現われる。そして、2人は交流し次第に心を開いていく……。 『HOOPS MEN SOUL』ヒロシは、父親の借金の肩代わりとして取立て屋の黒木にさらわれた彼女のミクを救おうと奔走。ストリートの仲間と共に立ち上がる。 『FASTNER』ファーストキスを経験した一瞬の間に、大人になるための現実と幻想の世界を浮遊し始める少年。初めてのキスの「向こう側」とは。そこで、大人というものを次々と目の当たりにしていく……。 MVやCMなどで活躍する4人の監督の、独特の感性で描かれた4作品である。

『Jam Films 2』のスタッフ・キャスト

『Jam Films 2』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『Jam Films 2』に関連する作品