グッバイ、レーニン!

グッバイ、レーニン!

Good Bye Lenin!
2003年製作 ドイツ 121分 2004年2月21日上映
rating 3.6 3.6
159 70

『グッバイ、レーニン!』とは

第二次世界大戦後東西が分割されたドイツが東欧革命の影響により東西統一の機運が熟す中で、混乱し翻弄される東ドイツ内の人々を描いたコメディドラマ。社会主義の母が昏睡状態に陥っている間にベルリンの壁が崩壊し、目覚めた母をショックから守るために東ドイツの体制が続いているように装う息子の奮闘を描いている。監督、脚本はヴォルフガング・ベッカー。出演はダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース。本作は本国で大ヒットし、ベルリン国際映画祭最優秀ヨーロッパ映画賞ほか、数々の映画賞を受賞した。

『グッバイ、レーニン!』のあらすじ

青年アレックスは家族と共に東ドイツで暮らしていた。父ローベルトはアレックスが子供の頃ひとり西ドイツに亡命し、それ以来音信不通。母クリスティアーネは夫が去ってから社会主義に傾倒している。そんな中、東ドイツ建国40周年の日の夜、アレックスは家族に内緒で自由を求める反体制デモ行進に参加していたのだが、その姿をクリスティアーネに目撃されてしまう。強いショックを受けたクリスティアーネは心臓発作を起こし昏睡状態に。8か月後奇跡的に目覚めたクリスティアーネだったが、その間ベルリンの壁は崩壊し、東ドイツは劇的な変化を遂げていた。アレックスは母にショックを与えないため、周りを巻き込み変わらない社会体制の東ドイツを装うのだが…...。

『グッバイ、レーニン!』のスタッフ・キャスト

『グッバイ、レーニン!』の感想・評価・ネタバレ

  • 夏穂
    夏穂 3 2月21日

    可愛らしい 息子がいい子すぎる!しかもかっこいい。 東ドイツってこんなんやったんかなあて色々学べた

  • けんしろー
    けんしろー 3 2016年6月18日

    母親思いの息子。心臓発作で8ヶ月間眠っていた母。その間にベルリンの壁崩壊など世の中が変わっていく。母が目覚めショックを与えないように統一前のようにするためウソのtv番組を作ったりとごまかす。 息子がいい人すぎる。

  • maki masuda
    maki masuda 3 2015年9月7日

    私にはよさがあんまりわからなかった。

『グッバイ、レーニン!』に関連する作品