ローマの休日

ROMAN HOLIDAY
1953年 アメリカ 118分
rating 4.2 4.2
603 85

「ローマの休日」感想・評価・ネタバレ

  • Hayato_Watanabe
    Hayato_Watanabe 4.5 5月11日

    傑作にして名作! ほっこりした。 そしてオードリーが可愛い!!

  • smaikka
    smaikka 5 4月9日

    ずっと前から観てみたかった作品。ハネムーンの予習がてら観てみたら本当に名作だった。古くから今でも名作と言われているものは、本当に本物だと思った。 オードリーヘップバーンの初デビュー作と初めて知った。綺麗すぎだった。 切ない最後だったけど、だからこそ素敵な仕上がりなのかもしれない。

  • Daiki_Kinoshita
    Daiki_Kinoshita 4 2016年8月20日

    1954公開 ウィリアム・ワイヤー コミカルで切ないストーリーで、誰でも楽しめる映画。

  • Munenori_Tanituji
    Munenori_Tanituji 0 2016年5月7日

    オードリーヘップバーンの出演している名作のひとつ。どんなもんかと思ってみたけどめちゃめちゃいい映画やった。何がいいかというと映画のルーツというか、この映画の脚本が後世に生きてると感じた。オードリーヘップバーンも美人すぎる。一目みてみたいなぁ

  • Karin_Yokoyama
    Karin_Yokoyama 4 2016年5月3日

    女王にとってはガウンよりも、パジャマの上だけ着ることが憧れだなんて!(私毎日それ) 自分の欲に素直で、冒険心があって、感謝の気持ちを持ってるから、みんなオードリーの虜♡

  • chibinaochin
    chibinaochin 4 2016年2月6日

    は〜 何度見てもおちゃめで素敵です。

  • obaover
    obaover 5 2016年1月23日

    なんといってもローマ!全てが美しく大好きな映画!不朽の名作!

  • o325
    o325 5 2016年1月7日

    ローマを訪問した某国王女、過密なスケジュール・日々の窮屈さから一人逃亡。そこで出会った一人新聞記者とローマの街を駆け巡り... 初見でしたが、名作と言われるのも納得です。ずっとにやにやして見てられる良いもんですね!オードリー・ヘップバーン美しい!可愛い!“thank you”の言い方可愛い!!あー、皆この笑顔にやられたんだな... アン王女本来の顔はとても愛らしく、しかし本来の居場所であり、義務を全うする彼女もまた美しい。甘酸っぱい1日からほろ苦いふたりの切なさがじわじわと身に染みる素晴らしい映画でした。

  • ShogoNaramoto
    ShogoNaramoto 4.5 2015年12月26日

    ローマの休日。 友人とどの映画が最高のラブストーリかって話してて、その友人がこれも挙げたんですけど、異論はないですね。 何が最高かって考えるとやっぱり最後ではないでしょうか? 個人的に思うのが最後を、オードリー・ヘップバーンが戻ってきてキスするなんて言う分かりやすいハッピーエンドにしちゃわないところがいいんですよね。 お互いがお互いのこと考えて、記憶として、終わらせるなんて未練がなくて素晴らしいと思いました。 一人の女性に未練たらたらで、絶対に諦めないなんて言う自分には、絶対にない展開だと思いますが...

  • R1067556
    R1067556 1 2015年11月18日

    ローマの街の美しさとヘプバーンの美しさしか価値の無い映画。シナリオとか無くていいだろこれ。

  • Erika0921
    Erika0921 4 2015年10月24日

    なぜか今まで避けていましたが、勧められて観てみました。オードリーヘップバーンの作品は初めてですが、とても演技と言い容姿といい可愛らしいかったです。なぜあんなにも愛されるのか分かりました。

  • karinchorin
    karinchorin 4.5 2015年10月23日

    オードリーヘップバーンが女性の憧れの的として君臨している理由が分かりました。字幕には表示されていない英語も、字幕だとニュアンスが伝わりづらいような英語も、オードリーの喋り方だと特に分かりやすかった!オードリー、ウエスト細すぎ。大きめのスーツが流行っていたのか、新聞記者だからなのか、、気になる。

  • Beeee
    Beeee 5 2015年10月16日

    名作だが観たことがなかった。 同じように観ていない方には是非観てほしい作品。 今更ながら観てよかった。ほんとに。 全体を通して、盛りすぎず、無駄がなく、とってもシンプル。かといって物足りなさはなく満たしてくれる。観やすかった。 そして結末も相応しくて素敵だった。 オードリーヘップバーン本当に可憐で美しい♡

  • mopico
    mopico 0 2015年9月24日

    Sep.24

  • Keimiyazato
    Keimiyazato 4 2015年9月7日

    ウィリアム・ワイラーの演出は手堅くオーソドックスなのでビリー・ワイルダーならもっと軽快さを出せたような気もしますが それでもやはり十分過ぎるくらい名作です、王女として産まれたのに すったもんだ自分探しで外の世界を見て成長して王女に戻るのがラプンツェルに少し似てますかね? 自我に目覚めたのにあがなえない出生の為にプリンセスに戻る切なさと自分の運命から逃げない強さが同居したラストのヘプバーンの表情がなんとも言えないです。

  • chaso1203
    chaso1203 3.5 2015年9月7日

    色褪せない素敵な作品!

  • lessmore
    lessmore 4 2015年7月5日

    時代に流されず名作なのは美しい 無邪気で理性のある美しい王女には、欲はなく純粋に世間を楽しんだ。 出逢いを求めているのではなく、偶然(運命)の出逢いで新鮮な体験と恋をするのだが、自身の立場と役割を重んじてあきらめる。 この体験と決断で王女は一機に成長する。 ジョー・ブラッドレーはラストシーンで何を想っていたのであろうか どうであれ、悪い思いはないはずである、賭けはあきらめて、王女との夢のような思いでが残り。 王女は成長し、誰もが美しく描かれている。

  • arsktm
    arsktm 5 2015年6月21日

    中学生の頃に何度も観てた映画。王女と新聞記者という身分の違いがありながらも互いに惹かれあっていくというラブストーリー。モノクロなのに色々なものが輝いて見えて、素敵だなって思ったのを覚えてる。ローマに行ってみたくなります。

  • MARIYA
    MARIYA 5 2015年6月6日

    最初はハラハラしたけれど、心の底から楽しむ姿にこちらまで恋してしまう。誰にでもある、外側の自分と、内側でくすぶっている自分に改めて気づかされる。

  • shizuka__n
    shizuka__n 3 2015年6月3日

    初めて見た!普通に面白い!オードリーかわいい!