クロエ(2009)

クロエ(2009)

CHLOE
2009年製作 アメリカ カナダ フランス 96分 2011年5月28日上映
rating 3.1 3.1
151 33

『クロエ(2009)』とは

『スウィート ヒアアフター』でカンヌ国際映画祭コンペティション部門グランプリを獲得したアトム・エゴヤン監督が贈る官能サスペンス。本作は2003年に公開された『恍惚』のリメイクで、浮気をしているかもしれない夫を試すため雇った娼婦に家庭を脅かされる妻の姿を描く。 妻のキャサリン役は『エデンより彼方に』でベネチア国際映画祭・女優賞を獲得したジュリアン・ムーア、夫のデビット役に『マイケル・コリンズ』のリーアム・ニーソン、娼婦のクロエ役は『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドが演じている。

『クロエ(2009)』のあらすじ

産婦人科医のキャサリンは、大学教授の夫デビッドと一人息子のマイケルの3人で何不自由なく暮らしていた。 ある日、デビッドの携帯に教え子と浮気をしているような内容のメールを発見してしまったキャサリン。不安になったキャサリンは、浮気を確かめるべく行動に出る。彼女は偶然知り合った若くて美しい娼婦のクロエにデビッドを誘惑させ、彼がどのような行動をとったか報告してもらうことにした。 デビッドに近づくクロエだったが、彼女はキャサリンの望み通りに動くような女性ではなかった。段々とその魔性な面を表に出してきたクロエは、キャサリンにつけこんでくるのだった……。

『クロエ(2009)』のスタッフ・キャスト

『クロエ(2009)』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuka Tanoue
    Yuka Tanoue 1 2017年2月4日

    まさかの展開

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2016年2月9日

    『CHLOE/クロエ』鑑賞。嘘と真実の境界線、執着と愛の境界線がわからなくなった女の子がある家庭を壊していく話。クロエは美しくてとてつもなく弱くて何かすがれるものにすがろうと必死でもがいていて観ていてつらかった。2回は観れない。

  • Manami

    そんなにー。

『クロエ(2009)』に関連する作品