キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
Catch Me If You Can
2002年製作 アメリカ 141分 2003年3月21日上映
rating 3.9 3.9
571 65

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    史実を元にしただけあってリアリティとトリッキーのバランスよく、最後まで楽しめる作品。 ただ、ジョンウィリアムズの音楽が軽快さに欠き、若干野暮ったい。それ以外はかなりパーフェクト。

  • かにみ
    かにみ 4 2018年1月22日

    ハッピーエンドでよかった

  • maki

    ディカ様とりあえず かっこよすぎ。 最後まで憎めない詐欺師だった

  • 翔

    オープニングがめっちゃ好きなんだよね、この映画。チョコマカ可愛いんだな。 さて、話の内容に触れていきますね。 ディカプリオ演じるフランク少年が失われた尊厳や家族を再び手にするため、権威ある職業を騙り大胆不敵に詐欺を働く。そんな彼を捕らえんと東奔西走するのはトムハンクス演じるFBI捜査官のハンラティ。 この二人の関係がアツすぎる。 確かにこの映画には他にも見所はいくらでもある。例えば、美しいスチュワーデス達に囲まれたディカプリオがパイロットの制服に身を包み颯爽と車から降り立ち飛行機まで悠然と歩みを進めるシーン…シナトラのBGMも相まって最高にゴージャスだ。 しかしフランクとハンラティのかけあいこそが醍醐味である事は間違いないだろう。フランク少年は心にポッカリと穴が空いており、しばしばその苦悩は孤独感となって彼に襲いかかる。ここが上手い。彼が『少年』である事を思い出させてくれる。 そのおかげでこの映画は、「華麗な手口で世紀の詐欺師として名を馳せた彼も最後には正義の名の下に逮捕され今や監獄の中です。」で終わってほしくない物になるのだ。そしてその想いをハンラティが叶えてくれる。フランクの心に空いた穴をハンラティが彼なりに埋めてくれる。 彼の存在が無ければこの映画に魅力なんてない。これは実在の出来事に隅々まで忠実なクライムストーリーではなく、肝心な所で優しく盛り付けられたヒューマンドラマであるが故にここまで愛されているのだと。僕は勝手にそう考えている。

  • Rina

    軽快なテンポでストーリーが進んでいくため120分超えの作品だと思わせないほど面白い作品。 まず、ディカプリオの軽快な演技をする演技は誰でも騙され、しかしその裏の両親に対する繊細な想い...この使い分けは彼こそ出来るもの!すごい! そしてトムハンクスの騙され続けても諦めない、フランクの心の底を理解している唯一の存在の温かさが良いっ! そして2人だからこそ出来る掛け合いが物語を引き立たせてる! ずっと観るのを躊躇っていた自分が憎い!

  • サムライ
    サムライ 4 2016年11月2日

    2016.11.02 Amazonプライムビデオ

  • こにしはるな
    こにしはるな 0 2016年10月23日

    キャストばっちり レオかっこよき。

  • fmofmojimo
    fmofmojimo 4 2016年10月22日

    多額の小切手偽装、幾度にわたる身分詐称など、20歳になるまでに数々の詐欺で悠々と暮らしていたフランク・W・アバグネイル・Jrと、それを追うFBIのカール・ハンラティ。父親の成功により裕福な暮らしをしていたが、父の脱税の容疑により財産を失い、両親は離婚する。どちらと暮らすか決断を迫られたフランクは、家を飛び出し、16歳という若さで1人で暮らしていくために少しずつ詐欺を始める。 ほんとうにすごい。頭がいい人って簡単に犯罪できてしまうんだろうなと思う。軽快で、大胆で、こぎみがいい。 ところどころ、フランクが自分の居場所を求めてもがくシーンで、そうか、まだ10代なのかとはっとする。 レオナルド・デカプリオ、トム・ハンクス。

  • k

    寮のみんなで。英語音声字幕なしだったので、適切な評価ができるかわからないですが。。。 途中まで割とリアルだったのに最後突然無理ある展開になってしまったのが残念。クスクス笑えるところも多いしスピード感もあってたのしく観れるのはいいけど、それ以上の価値を見出せなかった。

  • syn490

    いいよねー わかりやすくて気持ちよくてかっこよくて綺麗。ハリウッドっぽい!

  • アパ予約して。
    アパ予約して。 4 2016年8月20日

    2016.8.19

  • Tetsuya  Tanoue
    Tetsuya Tanoue 5 2016年5月18日

    今年一番面白い映画を観た! しばらく興奮が冷めないくらい面白かった 音楽も良い!

  • chuchupachups
    chuchupachups 4 2016年5月11日

    実話で犯罪の話なのに、ハッピーエンドみたいで面白い。誰も死んでないし! 21歳までにパイロット、医師、教師、弁護士を経験しちゃう人生があるなんて、、笑

  • maaaaki0425
    maaaaki0425 4 2016年4月24日

    タイトル通りテンポ良く追いかけっこがコミカルに描かれていた。

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年4月1日

    二十歳にも満たない詐欺師がパイロット、医者、検事と次々と職を偽る…。コメディでなら達成できそうな映画化をスピルバーグ御大の手腕によりもうちょっとうまくなんとかなってしまいます。見所の多さがすごいですね。ディカプリオが「なぜ偽りの人生を歩むことになるのか」という理由に無理がないのが、物語の大きな下支えとなっています。二度登場する「ヤンキースの勝つ理由」のメタファーなんかはかなり面白い。ただ強烈なメッセージがあるわけでもないエンターテイメント映画なので、かなりライトに観られます。関係性がルパンと銭形に似てますね。さらに嘘つきなディカプリオの役柄が『ウルフ・オブ・ウォールストリート』っぽく凋落のタイミングも似ているので、この辺りが好きな人にも楽しめるはず。 クリストファー・ウォーケンがいいですね。賞をもらっているそうで、納得です。

  • たねだ
    たねだ 5 2016年3月10日

    とても面白かった

  • zun

    2003年公開アメリカ [Hulu視聴]

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2016年1月13日

    『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』鑑賞。名作なのにまだ観ていなかったので鑑賞。ただ逃げまくるだけではなくて感情面にも重きがあった。エンターテイメント性抜群、重すぎず軽すぎず絶妙なバランス。最後だけ少し気に食わなかったけども。

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 4 2015年12月30日

    ここまでくれば芸術!大胆にして鮮やかで華麗なる詐欺の手口。もちろん犯罪には違いないけど、その頭の良さ、手際、そしてこれほどのことを16〜21歳という若さでやってのけた行動力と強心臓ぶりに感嘆してしまった。 冒頭、オープニングタイトルのデザインがセンス良過ぎて目が釘付けに。これだけで良作の予感。1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こした天才詐欺師フランク・W・アバグネイルと彼を追うFBI捜査官の壮大な追いかけっこの実話。このフランクときたら、パンナムのパイロット、医師、弁護士などのプロフェッショナルに見事になりすますわ、手の込んだ偽造小切手を切りまくるわで、世界各地を回り数百万ドルを荒稼ぎとやりたい放題! 未成年がパイロットや医者になりすまして よくもまあバレなかったなぁと思うけど、彼のコミュニケーション力もさることながら、パンナムの制服や医師免許がそれだけ世間の目を欺く力を持っていたということだろう。人がいかに肩書きや身なりに騙されやすいかということの実例を突き付けられているよう。騙される側の心理的な隙をよく知っているとも言える。 殺人と違って血生臭さが無く、手口は巧妙、主たる被害者は銀行や航空会社で貧しい個人ではないこと、更にリズミカルでテンポのいい展開もあいまって、おもしろいエンタメ作品になっていると思う。 この映画のもう一つの顔は家族を求める青年のヒューマンドラマ。これがとても良かった。そもそも詐欺のきっかけは父親の事業失敗と両親の離婚。尊敬してやまない父のために何かしたかったのだろう。フランクを駆り立てていたのは温かく幸せな家族との時間を取り戻したいという気持ち。婚約者の父親に全てを打ち明けようとするシーンやクリスマスにカール(FBI捜査官)に電話するシーンは、温かな愛や人との繋がりに飢えた彼の心が露わになる場面でとても切ない。 そして最後に予想しなかった展開。フランクとカールがまるで父と息子のように見えた。いやぁ、FBIも ある意味 ぶっ飛んでてスゴイわ。天才詐欺師の物語の着地点の意外性と爽快さに乾杯。

  • Coharu

    詐欺師のフランクとFBIのカール。普通なら真っ向から対立する立場にある2人の物語。 家族からの愛を求めたゆえの行動に歯がゆさを感じながらも カールとの出会いで居場所を見つけられたことに心が温まりました。 人間にとって 誰かから頼られること、信じられること、信頼できる人はもちろん自分のことを信頼してくれる人の存在の大切さを改めて感じた作品。