髪結いの亭主

髪結いの亭主

Le Mari de la coiffeuse
1990年製作 フランス 82分 1991年12月21日上映
rating 3.7 3.7
53 9

『髪結いの亭主』とは

『スーサイド・ショップ』のパトリス・ルコントが監督と脚本を手掛けた作品。女理髪師と結婚することを夢見た男の姿を描く、恋愛ドラマ映画。撮影は『イヴォンヌの香り』のティエリー・ド・ガネー、撮影は『ブラッド・ダイヤモンド』のエドゥアルド・セラが担当している。 主演は『メルシィ!人生』のジャン・ロシュフォール。そして、女理髪師役を『ハモンハモン』のアンナ・ガリエナが妖艶に演じている。そのほか、『デリカテッセン』のアンヌ・マリー・ピザーニや、『ディーバ』のローラン・ベルタン、『列車に乗った男』のモーリス・シュヴィなども出演している。

『髪結いの亭主』のあらすじ

少年アントワーヌ(アンリー・ホッキング)は、1人で床屋をやっている美人のシェーファー夫人(アンヌ・マリー・ピザーニ)に、淡い恋心を抱いていた。ある日アントワーヌは、胸元の大きく開いた服を着たシェーファー夫人の姿が脳裏から離れず、いつか女の床屋さんと結婚すると心に誓うのだった。それから時が経ち、大人になったアントワーヌ(ジャン・ロシュフォール)は、ある床屋で美しい女理髪師マチルド(アンナ・ガリエナ)に出会う。散髪の途中で、いきなりマチルドに求婚するアントワーヌ。そして、その言葉を聞かなかったフリをするマチルド。マチルドとアントワーヌの恋は、一体どんな結末を迎えることになるのか。

『髪結いの亭主』のスタッフ・キャスト

『髪結いの亭主』の感想・評価・ネタバレ

  • Minori

    パトリスルコント2作目 愛って難しいと思った 私にはまだ分からなくて当然だと思う 仕立て屋の恋でも思ったけど、この監督は”生と性”について描いてる気がする

  • Sensyu

    @柏キネマ旬報シアター さくらんぼのついた赤い毛糸の海水パンツ、東洋的な歌舞音曲が印象に残る。

  • あおき れいこ
    あおき れいこ 5 2015年4月5日

    切ないけど、いい映画

『髪結いの亭主』に関連する作品