白い船

白い船

2002年製作 日本 108分 2002年7月6日上映
rating 3 3
3 1

『白い船』とは

2000年に刊行された倉掛晴美の原作『海の子の夢をのせて』を元に、島根県の自治体・団体の人々が協力し製作した地元小学生たちと島を結ぶフェリー「白い船」との交流を描いた作品。後に映画に合わせた早坂真紀によって小説化される。地元出身で「守ってあげたい!」(2000年)の錦織良成が監督を務め、「島根3部作」の第1作目である。またキャストには、中村麻美、濱田岳、中村嘉葎雄、尾美としのり、竜雷太、大滝秀治らを迎えた。

『白い船』のあらすじ

舞台は島根県にある平田市塩津。教師である静香(中村麻美)は、生まれ育った故郷の近くにある小学校に赴任してきたのであった。しかし、前に勤めていた小学校で教師としての自信を無くした静香は仕事への意欲がなくなっていた。新しい赴任先の小学校は、木造校舎で全校生徒数が十人しかいない小さな学校だった。生徒たちは皆元気でいい子たちばかり。そんなある日、静香は一人の男子生徒・和泉好平(濱田岳)が、いつも窓の外を見つめている事に気づいた。そして、「白い船が見えるよ」と、窓の外に広がる海を指差して言う。その日から生徒たちと静香の「白い船」を探す日々が始まるのであった……。

『白い船』のスタッフ・キャスト

『白い船』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『白い船』に関連する作品