サビ男サビ女

サビ男サビ女

rating 2.5 2.5
4 0

『サビ男サビ女』とは

2011年に公開された4話からなるオムニバス映画。いきなり音楽の「サビ」から入るかのような個性的な行動を取る男女を描く。 オープニング&エンディング監督は、『Sweet Rain 死神の精度』の筧昌也、それぞれのショートストーリーの監督は、『福福荘の福ちゃん』の藤田容介、『Happyダーツ』の松梨智子、『オカンの嫁入り』の呉美保、『SURVIVE STYLE5+』の関口現。 出演は、『最後の忠臣蔵』の桜庭ななみ、『キミとボク』の中村蒼、『嘘八百』の友近、『ふきげんな過去』の小泉今日子。

『サビ男サビ女』のあらすじ

「ハゲシマガールズ」 チハルは人を応援することに喜びを見出す女子大生。同級生のマミコとサナエと共に「ハゲマシガールズ」を結成し、歌と踊りで沢山の人を励ましていた。しかし、スランプ中のプロ野球選手を応援したところ、それが逆効果となり引退を発表してしまう。落ち込むチハルの元に届いた次の依頼は......。 「Boy? Meets girl.」 地味な高校生の幸之助は、学年一の美少女である香織のことが好きだった。写真部の部長である香織が友人に幸之助のことをきれいだと言っていたのにも関わらず、幸之助は香織が自分の悪口を言っていたと思い込み、ショックを受ける。そんな時、幸之助は友人にメイクの仕方を習い、女装をして香織に近づくことを思いつく。その計画はうまくいったのだが......。 「くれえむないと!」 35歳、独身の楠原繭子が家に帰ると電気がつかないことに気づく。電力会社にクレームの電話を入れるが、電気が止められていたのは繭子が電気代を未納していたためだった。それでも納得しない繭子の元に責任者の葛西が謝罪に訪れ、クレームに対して真摯に対応する。葛西に心が傾く繭子だったが......。 「せびろやしき」 43歳の主婦、岡田真弓は、かわいそうに思うと放っておけない性分だった。ある日、真弓は公園で元気のない男を見かける。男が会社をリストラされたことを妻に言えず公園で時間つぶしをしていたことを知ると、真弓は自分の家に来るように誘う。同じような境遇の男たちをどんどん家に連れ帰り、その数は15人にもなった。そして、遂に夫に勘づかれ……。

『サビ男サビ女』のスタッフ・キャスト

『サビ男サビ女』の感想・評価・ネタバレ

  • ボードゲーム共和国
    ボードゲーム共和国 4 2015年5月20日

    めっちゃ面白い!! 励まし団、カメラ、クレーム、リストラ 死にたい人を励ましたり 恋した人の助けをしたり 困った人にあやまったり 辛い人を助けたり!!

  • Yukie Ozawa
    Yukie Ozawa 0 2015年2月26日

    序盤3分で観るのやめようかと…笑 とりあえず観切ったけど、 映画にする意味あったのかな? 世にも奇妙な物語みたいな感じだった

『サビ男サビ女』に関連する作品