スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
Star Wars: Episode II - Attack of the Clones
2002年製作 アメリカ 142分 2002年7月13日上映
rating 3.7 3.7
619 7

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika

    期待し過ぎた? 前作の勢いのまま物語が進んでいくかと思いきや話がゴチャゴチャしてきてややパワーダウンな感じ。前作と比べると全体の見所も少な目で期待してた分ちょっと残念な感じ。

  • エミデブ
    エミデブ 4 2018年1月31日

    エピソード1からの成長と、エピソード3での結末、そしてエピソード6の帰還を知っているからこそ、アナキンの存在が揺れ動き始める今作はストップがきかないのはわかっていても、どうかアナキンに「怒りに支配されないでくれ」と願ってしまう。 エピソード6のジェダイの帰還に見られたように、僕はタイトルからミスリードを誘われて、クローンの攻撃がまさか味方の話だとは。その分、スカッとするあの戦闘シーンはやはり今作の目玉だろうか。 アナキンについては、アナキンはジェダイの中で一番人間味がある。だからこそ、それを否定することはできない。誰かを愛し、母親を殺した相手に憎しみを持つ。ただやはり若く、評議会やオビ=ワンに反発的であり、流されやすいところがある。 この段階でオビ=ワンとアナキンの力は拮抗してるかアナキンが劣ってるということがドュークーとの戦いで暗示されてたのでは?同じ相手に傷を負うオビ=ワンと片腕を切り落とされるアナキン。もちろん、この切り落としはエピソード5との繋がりも待たせてるんだろうけども。 個人的にはジャンゴフェットとボバフェットが、エピソード2とエピソード5、6に分かれて親子の死が描かれているところを評価したい。クローンであり息子として育てられたボバフェットが、エピソード5、6ではルーク、ハン・ソロの前にたちはだかるこの系譜。ジョジョみたいだ。しかも、驚くべきはオビ=ワンとハン・ソロの乗り物での逃げ方が同じため、エピソード5では見抜かれてること、親子ともに死因が同じであること。よくここまで練れたなぁ。

  • manikademonika
    manikademonika 3 2016年11月28日

    決めた!ジェダイがいい。 ん?私は断然オビワン派!

  • sa_yu

    アナキン!! なぜ!!(゜ロ゜; 後半のエピソードに比べると話の筋がちっと大味。映像はさすが‼

  • Munenori Tanituji
    Munenori Tanituji 4 2016年5月14日

    前作よりアクションが多めに入っていて面白かった。この時代の映像技術がどんなものかわからないから今度調べてみよう。 アニーの右腕がなくなったのは普通にショック笑

  • chuchupachups
    chuchupachups 4 2016年5月4日

    オビワンを父のような人と慕いながらも、オビワンさえいなければ俺はもっと強くなれるっていう感じが、まだまだ子供だなあ と思える私はもう大人なのか。

  • mazda

    アナキン スカイウォーカーがダークサイドに堕ちるきっかけが生まれ彼の心が乱れはじめることで感じたことも多かったエピソード2。 今までのシリーズの方がどちらかといえばダメだった私にとって今作が駄作だとはとても思えない。アナキンの暗黒面がみえる帝国軍に染まりそうな感情と、今までの反乱軍にいた正当な感情の間で絶妙にゆれるその感情の動きは今までの中で一番複雑だけど、それをきちんと描いてる。 1に引き続き悲しいきもちでいっぱいになった。誰かを想うきもちが強ければ強いほど、その溢れる想いをぶつける矛先が良くない方に進む。彼がこの先進む道は間違いだとわかっていても、ジェダイになる前から抱いていた好きな人たちへの愛の強さはフォースよりも強いし、アナキンに苛立ちを覚えながらもそのブレを許したくなってしまう自分がいる。アナキンの想いが伝わってくるせいで、観てるこっちまで許してはいけない、許してはならないのに許したくなる弱いきもちになって、ダークサイドに堕ちるような心の乱れを感じて見てて苦しくなる。 結局彼は完璧なジェダイじゃないから、感情に動かされやすいし、でも映画に現実味を求めてしまう私にとってはそのいい加減なきもちも、ぶつける場所のない怒りも忘れられない想いも全部自然な感情だなって思えて、とても彼を嫌いにはなれなかったです。ああ切な。オビワンが、冗談半分で言った「いつかお前にやられそうだ」という言葉にはかなり心が痛めつけられた。 4〜1まで、もちろん好きだった回も含めて、それまではクオリティが高い映像とは私は少しも思えなかった。制作年数を理解していてもチープだなあとしか思えないし、その世界観には少しも面白さを感じなかったのに、本作の急激なクオリティの高さはなんなんだろう。エピソード1もはまれなかった私的にはたった3年でこんな急激にレベルが高くなるのか、と終始圧倒されてた。 初めてスターウォーズそのものの世界観を、観ているだけで面白いという感覚を味わえた今作。スターウォーズ食わず嫌いの知人には「宇宙チャンバラ」と言われて確かにと納得しちゃった自分も間違いないけど、それでもその「宇宙チャンバラ」のシーンが言葉にならないほど面白い! 中盤の基地に潜入したあたりからのコテコテのゲームの中的世界観、決して好きな雰囲気ではないのに何にこんなに魅了されるんだろう。。。今までのシリーズのライトセーバーや銃撃シーンには飽きさえ感じるほどだったのに、クローンやらジェダイやらわちゃわちゃでてくるところの盛り上がり方がもうはんぱない。この感動はマッドマックス観てた時のテンションにすごく似てる。好きじゃないけど面白い、言葉にできないテンション、圧倒的高揚感に掻き立てられて釘付けになる。 これを観たところでSFが好きとはならないし、1作ずつ単体で、1つの映画としか判断できない私にとってスターウォーズが好きですとはやっぱりいえない。それでも今まで感じたことのなかったSFの世界観そのものが楽しいという感覚は、おうちDVDクオリティでありながらアトラクション級の楽しさだった。 あとR2派だった私的には今まで3POってそんなに惹かれるキャラクターじゃなかったのに、アナキンとの久々の再会シーンでの3PO可愛すぎて今頃好きになった。初めて飛行機乗った3POの「怖くないですよ でも船ははじめてでねえ。。」とかおじいちゃんみたいでなんて愛らしいの、、敵のドロイドと顔と体が入れ替わるところとか爆笑だったよ。。。ヨーダもそんなに好きじゃなかったんだけどヨーダのライトセーバー使いがもう素晴らしくて初めてジェダイマスターとしてのヨーダのすごさを認識できた気がする。オビワンもアナキンも好きなのにヨーダがすごすぎるせいで、もうちょっと頑張ってよ。。。って感じだった。 ただやっぱり懸念点としてはラブストーリー色が濃厚だったところ。これがなきゃルーク三部作はないけど、それでもスターウォーズに限らず、ここぞってところとか危険が迫ってる時とかにチューとかしてるのみちゃうと萎えますよね、、もうちょっと危機感感じてよ、、、みたいな。そういう些細なことでこの映画の見る目も変わってしまうんだよ、的なね。。まあでもこういう部分でアナキンのジェダイとしての弱さがわかるんだけどね。そういう意味で、ラストには私のテンションが冷めちゃってたのもあって評価に悩みつつ若干甘めの高評価だけど6のストレートな感動には勝てないかなあ。

  • コズエ会長
    コズエ会長 2 2016年2月16日

    2016.2 前作と続編があるだけの2という感じ。 アナキン聞き分けなさすぎる とうとうダース・ベイダーのテーマ流れて悪に近づいてるんだなと思った。 ジェダイであるためには弱味を無くすため?に家族を作れないんだろうけど、そもそもアナキンは自信家なくせに愛を越える精神力もなく(思春期?)、オビワンも師として不十分だったから(実際1と2でオビワンは2度も戦闘で足ひっぱってる)、母やパドメの事はきっかけにすぎんのやろね。ここでもうアナキンは嫌い。笑 パドメもだんだん意固地になってきたし、王女なのに愛に生きすぎだよ!許されない恋だけど共感ポイント無し! あとここまで観て本当に思ったのは、もう殺陣のシーンあんまり出さないで!!!映画のこだわり強そうなわりに力入れてないのかな、、、 水戸黄門とジャッキーチェーンが恋しくなった、、、

  • pinkfish
    pinkfish 2 2016年1月20日

    相変わらず複雑

  • まつり
    まつり 3 2016年1月18日

    思春期!命の危機に晒され愛を告げあうシーンはハン・ソロと姫のようで脳内で勝手に彼らを紐づけしてしまった。スターウォーズシリーズはそういうのが多いな。つまり、キャストは異なるけれど、同様の状況や展開がエピソードを跨いで描かれている感じ。 賞金稼ぎのストーリーも興味を引かれる。この息子がエピソードⅥに出てきた奴か?!完全に製作者に踊らされてる気がする!ファンはこういうの喜ぶかなってさ。いい!深読み楽しい!

  • Kobayashi Shoki
    Kobayashi Shoki 4 2016年1月17日

    迫力の戦闘シーン。物語も面白い。

  • とし

    しょっぱなから敵の追跡シーンでアナキンのやんちゃぶりが出ていて力をつけた事によりちょっと暴走気味。まあある意味人間らしいのかもしれないけど。途中はなんかアドベンチャーみたいな展開でおや?っと思ってしまったけどヨーダーのアクションがとても良かった。杖をついているのに急に動きがハンパなくキレキレで驚く。

  • kxmoun

    ぱどめ

  • みも

    アナキンが情緒不安よね。。笑 パドメの気持ちがよくわからなかった。もっと気持ちが揺れ動くシーンを大事に作って欲しかったな。え? そんないきなり!?ってビックリ

  • Tanaka_Hirofumi
    Tanaka_Hirofumi 3 2016年1月8日

    新しいやつよりもヒューマンが描かれていて、ああ、これは確かに続きが気になるよなあ!と思いました

  • しずか
    しずか 4 2016年1月7日

    久々に見た。アナキン変わっちまったな。アナキンとオビワンの口論が面白い。パドメかわいい。アクションかっこいい。

  • forza_gamba
    forza_gamba 3 2016年1月1日

    2015年12月31日DVDにて観賞。アナキンが力をつけるとともに、何とも生意気でダークサイドに落ちる気配ありありでしたね。パドメはとにかくキレイでしたね。マスターヨーダの言葉は深いですね。

  • Shingo  Takasato
    Shingo Takasato 3 2015年12月31日

    エピソード1であんなに素直で可愛かったアナキンが10年でなぜこんな傲慢な奴になるのか笑

  • フルーツグラノーラ
    フルーツグラノーラ 4 2015年12月30日

    やはり公開順で観るのがいいなぁと思った今作。アナキンがメインの話ではあるけれど、僕のお気に入りはヨーダの戦闘シーン!カッコよすぎるんですなぁ。エピソード5.6でショボイ人形だったヨーダさん、、、あのヨーダさんがこんなにも動き回るなんて…そして強い…カッコエエってなりますわな。詳しいことは知りませんが、こういったことまで狙って作っていたのだとしたら、うまい!ずるい!としか言えない! レイア姫は全然だったのにナタリー・ポートマンはやたらエロかった気がします!彼女の着ていた白スーツも気合い入ってたなぁ笑エピソード4の頃よりお金が入ったからなのかそれとも監督の趣味なのかしら(゜▽゜)

  • Aki

    ちょっと自分の中でだれてきてしまった感が。。