猫の恩返し

猫の恩返し

2002年製作 日本 75分 2002年7月20日上映
rating 3.4 3.4
660 9

『猫の恩返し』とは

2002年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。監督はテレビアニメ『ぼくらの』で監督を務めた森田宏幸、原作は柊あおいの描きおろし漫画作品『バロン 猫の男爵』である。今作は『ギブリーズ episode2』と同時上映された。 『耳をすませば』に登場する主人公・月島雫が書いた物語という位置づけをされており、猫の世界へと迷い込むファンタジー作品である。 主役・吉岡ハルの声は女優としても活動している池脇千鶴が務めた。

『猫の恩返し』のあらすじ

ごく普通の女子高生・吉岡ハルは、ある日、1匹の猫がトラックにひかれそうになっているのを見つけ、救出する。助けたその猫は、猫の国の王子・ルーンであった。その翌日から、猫の国からお礼にと大量のマタタビや猫じゃらしを贈られ、ハルは困惑していた。ついには、猫王から恩返しにと猫の国へ招待されることになってしまう。 猫の国を訪れたハルはいつの間にか「このまま猫になってもいいかも」と思い始めていたところ、猫の耳や尻尾が生え、さらにはルーンの妃候補にされてしまう。そこへ、猫の事務所の男爵・バロンが現れ、元の姿に戻るため、人間のいる現実世界へ戻るために奮闘する。

『猫の恩返し』のスタッフ・キャスト

『猫の恩返し』の感想・評価・ネタバレ

  • とし

    ジブリ制作で企画は宮崎駿。猫たちの直立がけっこう怖い。バロンが紳士的で好きだけど一番好きなキャラはムタ。池脇千鶴の声がとても可愛らしい。細かいしぐさはジブリらしさが出ているけどストーリーはあまり起伏がなく退屈気味。

  • エミデブ
    エミデブ 4 2016年10月9日

    初めて観たのは小学生の時だった。ジブリだから金曜ロードショーだろうか。 なんとなく録画してリアルタイムでも観てて、次の日に兄がガラケーを開いて、「猫の恩返しビデオとってたりしない?」といわれしたと答えたら急に600円くらいくれて凄く感謝された。あの時兄がケータイで見たものはなんだったのか。なぜ急に600円くらいをくれたのか。今となっては知る由もなくはないんだけど、今更兄に聞くのもなんか変だからやっぱり知る由も無い。 彼女が猫の恩返しが好きだったのだろうか。それとも元々猫の恩返しが好きで、放送されてたのをたまたま携帯を見て知ったのか?ミクシィか? とりあえずジブリ映画ってそんなに好きじゃないことが多いけど爽やかでこの映画は大好きです。最後なんてもうなんか胸がキュンとなっちゃう。胸がキュンとなっちゃうっていう表現はこんなヒゲ面のデブも使うもんなんだよ

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2015年12月14日

    『猫の恩返し』鑑賞。小さい時に風邪または仮病のたびに繰り返し観てた作品。好きすぎて挿入歌をピアノの発表会でも弾いた思い出の作品。感じることは違うけど成長した今でも楽しめる作品。

『猫の恩返し』に関連する作品