天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕

天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕

rating 3.5 3.5
6 0

『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』とは

2009年から2017年まで続いた「スーパー戦隊祭」シリーズの第3作品目となる。2011年に公開された。地球を守るために現れた見習い護星天使・ゴセイジャーと、志葉家の当主と家臣が集まった侍たちのシンケンジャーが、外道衆の生き残りであるマダコダマに立ち向かう。 監督は『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』の竹本昇、脚本は『キカイダー REBOOT』、『手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』の下山健人。出演は、ゴセイジャーのアラタ(ゴセイレッド)役で俳優デビューし、『全員、片想い』、『Mr. マックスマン』の千葉雄大、同じくシンケンジャーの志葉丈瑠(シンケンレッド)役で俳優デビューし、『不能犯』、『娼年』の松坂桃李。

『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』のあらすじ

過去にシンケンジャーに敗れた外道衆の生き残りであるマダコダマが再び蘇った。ゴセイジャーの一人であるアラタが倒そうとするが、マダコダマには護星天使が使う天装術は通用せず、苦戦を強いられる。その時、シンケンジャーのリーダーであるシンケンレッドの丈瑠が助け舟を出すが、マダコダマは逃げ切ってしまう。 なぜマダコダマが復活したのか疑問に思った丈瑠は、シンケンジャーのメンバーを招集する。アラタは、ゴセイジャーがシンケンジャーと協力して外道衆を倒すことを提案する。 そんな時、再びマダコダマが出現し、町の人を襲い始める。ゴセイジャーとシンケンジャーは力を合わせて闘うが新たな敵の襲来によって形勢は逆転し、シンケンレッドは敵に拘束されてしまう。これによって2つの戦隊メンバーの対立が起こるが、アラタは両戦隊が共に戦えば敵を倒すことができると信じていた。敵の手に捕らわれたシンケンレッドの運命は......?

『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』のスタッフ・キャスト

『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』に関連する作品