ヴィドック

ヴィドック

Vidocq
2001年製作 フランス 98分 2002年1月12日上映
rating 2.7 2.7
27 3

『ヴィドック』とは

『デリカテッセン』、『ロスト・チルドレン』、『エイリアン4』などのジャン=ピエール・ジュネ監督のもとで、ヴィジュアル・エフェクトを担当してきたピトフ。彼が初監督作品の題材に選んだのは、フランスでは知らない者がいないといわれる伝説のヒーロー・ヴィドックの物語。ピトフ監督は、19世紀に実在した彼の冒険を、ファンタジックな映像で見せた。主演は『1900年』『シラノ・ド・ベルジュラック』などのフランス映画界の重鎮ジェラール・ドパルデュー。

『ヴィドック』のあらすじ

1830年7月24日、パリでは、国民的ヒーローである探偵・ヴィドックの死を伝える新聞が出回っていた。鏡の仮面をつけた謎の男と格闘の末、火の穴に突き落とされ亡くなったのだ。そんななか、ヴィドックの探偵事務所に、当人から伝記の執筆を頼まれているという男・エチエンヌが現れる。「その死の真相を突き止めたい」というエチエンヌに意気投合したヴィドックの相棒・ニミエは、一緒に最後の事件を洗い直していく。ヴィドックに最後に担当していたのは、ローレンヌ警視総監から依頼されたもので、2人の男が落雷で死んだ事件の謎を追っていたのだった。

『ヴィドック』のスタッフ・キャスト

『ヴィドック』の感想・評価・ネタバレ

『ヴィドック』に関連する作品