ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

2001年製作 日本 105分 2001年12月15日上映
rating 3.7 3.7
20 0

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』とは

人気怪獣映画「ゴジラ」シリーズの第25作。日本を襲うゴジラとモスラ・キングギドラ・バラゴンの熾烈な戦いを描く。監督は『クロスファイア』の金子修介が担当。脚本は金子修介と『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』の長谷川圭一、そして『溺れる魚』の横谷昌宏が共同で務めている。本作ではゴジラは悪の化身として描かれる。また、監督の金子修介は本作に企画段階から参加。スタッフの人選もおこなっている。出演は新山千春・宇崎竜童・小林正寛など。観客動員数は240万人を記録し、第3期シリーズの中では最高となった。

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』のあらすじ

防衛軍がゴジラを撃退してから半世紀。防衛軍はグァム島で消息を絶った原子力潜水艦を救助するため特殊潜航艇「さつま」に出動命令を出した。さつまの乗組員・広瀬は、現場で青白く光る巨大生物のものらしき背びれを目撃する。また一方、日本各地では暴走族が怪獣に襲われたり、パーティーをしていた若者たちが繭に包まれた遺体となって発見されるという怪事件が頻発していた。「BS・デジタルQ」のリポーター・立花由里は、事件の起きた場所が「護國聖獣傳記」においてモスラ・バラゴン・ギドラが眠っている場所と一致していることに気付き調査を開始、謎の老人・伊佐山からゴジラは太平洋戦争で死んだ人たちの残留思念の集合体であること、またゴジラに対抗するべく聖獣たちが眠りから目覚めるであろうことを聞き出す。そして、ゴジラが焼津に上陸。更にはバラゴンが出現し、両者は箱根で激突する。

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』のスタッフ・キャスト

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の感想・評価・ネタバレ

  • Hiro

    これは原点に戻った作品

  • nobooo.

    カッコイイ

  • Umyomyo

    自分的にゴジラで観たいものは全部見せてもらった最高傑作です。 欲をいえばギドラに倒して欲しかった。 それ抜きにしても自分的最高は揺るぎません。 キングギドラかっこよすぎ。

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に関連する作品