釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇

釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇

2001年製作 日本 111分 2001年8月18日上映
rating 2.8 2.8
7 0

『釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇』とは

デコボコ釣りバカコンビが、山口県の萩を舞台に展開する騒動を描いたシリーズの通算第14作目。前作『釣りバカ日誌イレブン』に引き続き、監督は本木克英、脚本は山田洋次と朝間義隆が共同で書き下ろした。そして、撮影も花田三史が担当。また本作より、副題がつくようになった。 お馴染みの主役は西田敏行と三國連太郎が演じ、ゲストに『四十七人の刺客』(1994年)の宮沢りえ、「男はつらいよ」シリーズの吉岡秀隆、『ドン松五郎の生活』(1986年)の青島幸男が出演している。

『釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇』のあらすじ

ある日、鈴木建設の釣り愛好会SKFC(鈴木建設フィッシングクラブ)の会長で常務でもある高野研一郎(青島幸男)が辞表を提出した。スーさん(三國連太郎)は退職を引き留めるのだが、高野は老後の夢であった悠悠自適の暮らしのために山口県萩市にある実家に戻るというのだ。 そんな高野の生き方に衝撃を受けたハマちゃん(西田敏行)とスーさん。それから数日後、スーさんは山口へと出張となった。そして、出張先で釣りをしようと言うスーさんの誘いにハマちゃんは残り少ない有給休暇を消化して出張に同行することにしたのだ。ところが、萩に到着した二人は高野の姪の梢(宮沢りえ)から高野が重病で入院しているという驚きの事実を聞かされ......。

『釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇』に関連する作品