マルコヴィッチの穴
マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
1999年製作 アメリカ 122分 2000年9月23日上映
rating 3.4 3.4
236 56

『マルコヴィッチの穴』の感想・評価・ネタバレ 2ページ

  • 森本航洋
    森本航洋 4 2014年10月14日

    これは面白い。 誰しもが一回は望んだことじゃないかな。 「マルコヴィッチする。」 むっちゃ使いやすいな笑

  • mizukii

    何これ?ねえ、なんなの? マルコヴィッチは何なの?誰なの? 結局誰がどうなったの?ええええ? って置いてけぼりなまま終わった。笑 7と1/2階、本当にあったらなあ。 マルコヴィッチの潜在意識の中での追いかけっこは、なぜかエターナルサンシャインを思い出した。 全然よくわかんないけど、観たことは絶対忘れなさそう…

  • You_nyaa
    You_nyaa 4 2014年9月25日

    芸術や。面白かった。 個人的に主人公の顔がめっちゃ苦手でそらマキシンはマルコヴィッチに行くわって感じ。

  • ちー

    猿w

  • Purazo

    チャーリ・カウフマンのぶっとんだ脚本に最初から最後まで惹きつけられっぱなし! 7と2/1階でみんな中腰で歩いてる姿はモンティパイソンのようで、のっけからやられてしまいました。 コメディでありながらうら寂しさがあるところが独特ですきです。

  • ダンケ先生
    ダンケ先生 3 2014年8月24日

    自分の脳の中に入ると何が起こるのか?おもしろかったす

  • doshira

    シュールとはこのこと。引き込まれる

  • Yuki Mikuma
    Yuki Mikuma 4 2014年8月17日

    文句なし

  • ごん

    合わない

  • ATSUSHI

    シュール、シュール、シュール。笑

  • Satoko Suzuki
    Satoko Suzuki 5 2014年7月22日

    「スパイクジョーンズの長編映画」ってだけで、観に行った記憶が。 いちいちぶっ飛んでる設定がツボ。 脚本も俳優も素晴らしかったんだけど、一番惹かれたのは、コメディ(?)でありながら、あのうら寂しい空気感が漂いまくっているところです。 チェコっぽい人形劇(けして可愛らしいものではなく)や、キャメロンディアスの冴えない容姿、アイデンティティの所在無さ、、全てがちょっと物悲しい雰囲気を醸し出していました。

  • Atsushi_twi
    Atsushi_twi 4 2014年7月22日

    色んな意味で有名な作品で、やっと見れました(笑)。誰かになりたいという願望は誰でも一度は持つものですが、結局、自分で精一杯生きるしかないんだなって感じました。

  • さくら
    さくら 4 2014年7月14日

    #eiga #movie キャメロンディアス素っぴん可愛い。途中までそっくりさんだと思って観てたからびっくりした!他人になりたいって誰もが思ったことあると思うけど、もしなれることができて、でもその誰かが決まっていたとしたら...。 マルコヴィッチの穴よりも、会社が良かったなあ〜。エレベーターの降り方も、みんなが屈んで歩いているのも好き。 そしてマルコヴィッチのみの世界はわらった。出てくるときの追い出され方も面白い。

  • Mipo_rhithx
    Mipo_rhithx 4 2014年7月1日

    多重人格、同性愛、嫉妬心、マルコヴィッチの精神について考えさせられる映画。 奇妙だけれど作り込まれてる感がすごい。

  • Daichi Yamada
    Daichi Yamada 4 2014年6月20日

    「エターナル・サンシャイン」を観たときも、とんでもない設定の世界観と、会話の妙に驚いたけど、この映画もそうだった。 7と1/2階と、ターンパイク脇に落ちてくるなんて、モンティ・パイソンを思わせる感覚が大好き。ホント素晴らしい。最初キャメロン・ディアスって気がつかなかった。

  • めろん餃子
    めろん餃子 3 2014年6月18日

    マルコビッチかわいそう笑

  • Rina

    もうたぶん絶対に見ない。笑

  • ぷく

    これを劇場によくぞ観に行った昔の私。もはや、マルコヴィッチのツルツル頭しかインパクトない!!けど、直にマルコヴィッチって関係ないのよね。マルコヴィッチに入っちゃう人達の話だったよね。あ~斬新!!!!今までで一番ぶっとんだキャメロンもまたワンダフル♪どんなラストだっけかな?(笑)

  • カリんとう
    カリんとう 4 2014年5月17日

    7 1/2階という始めの設定から面白くなる予感たっぷり。刺激的なストーリー、チャーリーカウフマン脚本の作品をもっと観たくなった