ザ・ハリケーン

ザ・ハリケーン

The Hurricane
1999年製作 アメリカ 145分 2000年6月24日上映
rating 3.8 3.8
38 3

『ザ・ハリケーン』とは

その圧倒的な強さから “ハリケーン”の異名を持つプロボクサー ルービン・カーター。彼が、無実にもかかわらず黒人差別が基となる冤罪で30年も投獄された後、有罪判決を覆した事件を描いたヒューマンドラマ。監督は『月の輝く夜に』のノーマン・ジュイソン。主演のルービン・カーターを演じるのは『トレーニング デイ』でアカデミー主演男優賞を受賞したデンゼル・ワシントン。共演に『ペイバック』のデボラ・カーラ・アンガー。

『ザ・ハリケーン』のあらすじ

1966年、その絶頂期を迎えているボクシングのウェルター級チャンピオン、ハリケーンことルービン・カーターはニュージャージー州パターソンにて、白人3人を殺害した強盗殺人事件の犯人として投獄され終身刑を宣告された。無罪を主張するカーターは獄中で自伝『The 16th Round』を執筆する。これが反響を呼んだが、再審でまたもや有罪判決を受ける。著名人などが釈明活動に協力するも年月が過ぎ人々の記憶からカーターの存在は薄れていった。そんな中、自伝を読み判決に人種差別があることを知ったカナダに住む黒人少年レズラが手紙を送り、カーターの釈明運動に立ち上がるのだった。

『ザ・ハリケーン』のスタッフ・キャスト

『ザ・ハリケーン』の感想・評価・ネタバレ

  • syn490

    つくづく 仰天ニュースはおもしろいな。それを再確認させてくれる。

  • HEROHALU

    記録用

  • Hiro

    これが実話だというからビックリ 人種差別のほかにも色々な差別がかいまみえた感じがしました

『ザ・ハリケーン』に関連する作品