ドクター・フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル

ドクター・フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル

rating 2.8 2.8
2 1

『ドクター・フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル』とは

売れない舞台女優が自分主演のネットドラマを制作するために、周囲を巻き込んでいく様をブラックユーモアたっぷりに描いたコメディ映画。第4回田辺弁慶映画祭で特別審査員賞と映検審査員賞を受賞している。 監督は、短編アニメーション『機械人間、11号。』で水戸短編映像祭準グランプリはじめ数々の映画祭で賞を獲得した加藤行宏。 本作をきっかけに『SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』の主演に抜擢された山田真歩が同名の主人公を演じる。

『ドクター・フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル』のあらすじ

山田真歩は、小さな舞台小屋で芝居をする売れない舞台女優である。ある日、友人の恋人が製作したネット動画が10万アクセスのヒットをしていることを知り、自分が主演してネットドラマを製作しようと計画する。 芝居仲間の牧野とともに、とある田舎町に訪れた真歩は、住民の協力の元撮影を始めることに成功する。撮影は順調に進んでいるものの、住民からの恩を仇で返していく真歩は、やがて周囲から「人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女」と呼ばれるようになっていた。 撮影中、夫との離婚などのトラブルに見舞われるものの、なんとか撮影は無事に終了。撮影の打ち上げが行われる中、真歩は一番尽力してくれた牧野にも暴言を吐いてしまい……。

『ドクター・フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル』のスタッフ・キャスト

『ドクター・フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル』の感想・評価・ネタバレ

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 2 2014年10月10日

    インタビューばっかりでかなり期待はずれでした、全編当時の貴重な映像だと良かったな~ パンクの元祖みたいな紹介のされ方が多いけど自分の印象はステイタスクォーや初期のAC/DCだな~

『ドクター・フィールグッド オイル・シティ・コンフィデンシャル』に関連する作品