人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女

人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女

rating 0 -
1 1

『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』とは

女を磨くことや恋も遠ざかっていた薬局の女性店長が、恋に悩む女子中学生と出会ったことで、自分が経験した初恋の思い出を振り返っていくヒューマン・ラブストーリー。本作は東京国際映画祭が提携企画し、東京ネットムービーフェスティバルの支援を受けて上映された。 監督・脚本は、様々な映画祭で注目を浴びている、『オードリー』の勝又悠。 薬局の女店長に『眉山』の円城寺あや、片想いに悩む中学生役を映画初出演となるAKB48の小林香菜が演じる。

『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』のあらすじ

夫を早くに亡くし、1人娘の中学生・英子と2人で暮らしている大塚真名美は、大塚薬局の店長をして生計を立てていた。中年のおばさんと化した真名美は、身だしなみは愚か、店番や家事も手を抜いており、娘からも呆れられている始末。 そんなある日、薬局の常連で毎日1本ずつ色の違うマニキュアを買っていく女子中学生・永作恵美を不思議に思った真名美は彼女に声をかける。話を聞くと、恵美は同じクラスの荒井秀樹に片想いをしていて、マニキュアで爪をカラフルにすれば恋が叶うというおまじないを実行しているのだという。恵美の片想いと自身の初恋の思い出を重ね合わせる真名美だったが……。

『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』のスタッフ・キャスト

『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』の感想・評価・ネタバレ

  • wiggling
    wiggling 0 2013年2月6日

    レンタルDVDにて。タイトルはいいよね。山田真歩が観れたのも良かった。うん。

『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』に関連する作品