ヴァージン・スーサイズ

THE VIRGIN SUICIDES
2000年 アメリカ 97分
rating 3.7 3.7
210 99

「ヴァージン・スーサイズ」とは

名匠フランシス・F・コッポラの愛娘、ソフィア・コッポラの初監督作。70年代のアメリカを舞台に、美しい5人姉妹に心を奪われた少年たちの姿を斬新なタッチで描く。 1970年代のミシガン州が舞台。リスボン家にはテレーズ、メアリー、ボニー、ラックス、セシリアという美しい5人姉妹がおり、近隣の少年たちの憧れの的であった。しかしある日、末っ子のセシリアが手首を切ってしまう。手首を切った理由を聞かれ「死にたかったわけではない。自分を消したかった。」と話すセシリア。一命をとりとめたセシリアだったが、家に戻ってから数日もしないうちに、2階から身を投げて外の柵に刺さり、死んでしまう。

「ヴァージン・スーサイズ」のスタッフ・キャスト

「ヴァージン・スーサイズ」の感想・評価・ネタバレ

  • nanam1xx
    nanam1xx 4 2016年12月16日

    ガーリーの詰め合わせ! バイブル

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2016年8月16日

    美人姉妹の末っ子が自殺。原因不明のまま時は過ぎます。主観は近所に住む悪ガキ達。なんとかして美人姉妹と接触を図ろうと画策します。 かなり変わった後味の映画です。描きようによっては『ピアニスト』のような映画にできたのでしょうが、趣は全く異なります。自由を奪われた少女たちの悲惨な末路、ではなく、あくまでティーンズのキラキラを伝えている。鬱屈な雰囲気すらもどこかガーリーでキュート。男たちはその独特な姉妹の雰囲気の虜になっていきます。しかし手に届きそうなところで、泡沫の如くなってしまう。姉妹の周りの人間は誰1人彼女たちのことを理解できませんでした。映画も徹底的に彼女たちの主観を排すよう工夫が凝らされているように感じました。なぜラストはああなってしまったのか。あらゆる可能性の中でどうして…。と思うのは見事にこの映画の術中にはまっているのだと思います。少女の捉えようのなさが見事に描かれた映画であるように感じました。論理ではなく感覚で、雰囲気でかんじろ、と言わんばかりの映画です。 若きキルティン・ダンストは最高ですが、個人的にはジョシュ・ハーネット君が!!すっげえ愛おしい!!

  • ayamilky
    ayamilky 3.5 2016年3月17日

    後で書きます。

関連する記事

「ヴァージン・スーサイズ」に関連する作品