大地の詩 -留岡幸助物語-

大地の詩 -留岡幸助物語-

rating 2 2
1 0

『大地の詩 -留岡幸助物語-』とは

明治時代に「不良」と呼ばれた少年たちのため感化事業に尽力し、東京巣鴨と北海道に「家庭学校」を設立した留岡幸助の生涯を描く。 監督・製作総指揮は、『石井のおとうさんありがとう』『筆子・その愛-天使のピアノ-』で日本児童福祉文化賞を受賞した山田火砂子。主題歌は朱花が作詞・作曲した『大地の詩』である。 『ゲゲゲの女房』などNHKドラマに多々出演する村上弘明が主演を務めるほか、『SAYURI』などの海外作品にも出演する工藤夕貴、『パートナーズ』などの映画やドラマでも活躍する村田雄浩らが出演している。""明治時代に「不良」と呼ばれた少年たちのため感化事業に尽力し、東京巣鴨と北海道に「家庭学校」を設立した留岡幸助の生涯を描く。 監督・製作総指揮は、『石井のおとうさんありがとう』『筆子・その愛-天使のピアノ-』で日本児童福祉文化賞を受賞した山田火砂子。主題歌は朱花が作詞・作曲した『大地の詩』である。 『ゲゲゲの女房』などNHKドラマに多々出演する村上弘明が主演を務めるほか、『SAYURI』などの海外作品にも出演する工藤夕貴、『パートナーズ』などの映画やドラマでも活躍する村田雄浩らが出演している。

『大地の詩 -留岡幸助物語-』のあらすじ

留岡幸助は岡山県高梁市に生まれ、幼少の頃すぐに商家の養子となる。ある日、武士の子に一方的に殴られることに我慢できなかった幸助は、反撃して相手を返り討ちにしてしまう。しかし、それが原因となって実家の米屋は得意先を失くし、父親からの怒りを受けた幸助は学校を退学、商人となる羽目に。社会の不平等さに憤りを感じる幸助。 時が過ぎ、幸助青年は同志社英学校に入学し牧師の道へ進む。この頃彼は、「遊郭」と「監獄」という人間社会の闇を知り、監獄改良を訴え続けたジョンハワード伝を読んだことに強い影響を受けるのだった。 卒業後、丹波教会で信頼される牧師として活躍する幸助だったが、ある牧師に勧められ北海道・空知にある監獄の教誨師に就任することになり……。

『大地の詩 -留岡幸助物語-』のスタッフ・キャスト

『大地の詩 -留岡幸助物語-』の感想・評価・ネタバレ

  • Hirokazu Shimizu
    Hirokazu Shimizu 2 2015年3月28日

    更生保護の父である留岡幸助の話。 興味がないと厳しいかも。

『大地の詩 -留岡幸助物語-』に関連する作品