エンジェル ウォーズ

エンジェル ウォーズ

SUCKER PUNCH
アメリカ 2011年4月15日上映
rating 2.9 2.9
135 8

『エンジェル ウォーズ』とは

愛するものを奪われ、精神病院送りにされた少女が、4人の仲間たちと空想世界で繰り広げるファンタジー・アクション・ムービー。 監督・脚本・原案は『300 スリーハンドレッド』『ガフールの伝説』など映像技術に定評のあるザック・スナイダー。製作には妻のデボラも携わっている。 『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』でハリウッドデビューを果たしたエミリー・ブラウニングを主演に迎え、『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』のアビー・コーニッシュ、『イントゥ・ザ・ワイルド』のジェナ・マローン、『ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー』のバネッサ・ハジェンズ、「ハングオーバー!」シリーズのジェイミー・チャンが4人の仲間を演じる。

『エンジェル ウォーズ』のあらすじ

母親を亡くした主人公・ベイビードールは、遺産が自分の手に入らないと知った義父に妹を殺され、その罪を擦り付けられて精神病院送りにされてしまう。そこで彼女はロボトミー手術を施されようとしていた。 現実を忘れるために創り出した想像の世界で、彼女は4人の仲間たちと出会う。自由を求めて異世界の敵とも戦うことを決意したベイビードールとアンバー、ブロンディ、スイートピー、スイートピーの妹・ロケットの5人。 ロボットや侍、ドラゴンが現れる異世界の中でワイズマンという初老の男性の手助けも受けながら戦う少女たちだったが、自由と引き換えに何かを犠牲にしなければならず……。

『エンジェル ウォーズ』のスタッフ・キャスト

『エンジェル ウォーズ』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    演出は面白く、俳優さんも相当の修練を積んだのだろうなぁと思うのだが、どうもゴスぽいと言うかキルビル的な世界観と言うかそうゆうの苦手で低評価。

  • syn490

    記録用

  • YURIHHANNA
    YURIHHANNA 4 2016年4月14日

    やや日本版のイニシエーションラブに似た設定。 ついつい飲み込まれてしまって、切り替わっていたことに気づかず、最後にはあ、そうだったって呆気にとられる。

『エンジェル ウォーズ』に関連する作品