エリザベス

エリザベス

Elizabeth
1998年製作 イギリス 124分 1999年8月28日上映
rating 3.2 3.2
45 9

『エリザベス』とは

16世紀のイングランドを舞台に、弱冠25歳の若さで即位した女王エリザベス一世の数奇な半生の史実を、豪華絢爛なメイクアップ、衣装や凝りに凝った舞台装置を彩りに描く歴史ロマン大作。パキスタン出身、『女盗賊プーラン』で注目されたシェカール・カブールが初の大作監督に抜擢された。エリザベスを演じるのは『オスカーとルシンダ』のケイト・ブランシェットで、本作でアカデミー主演女優賞にノミネート。『恋におちたシェイクスピア』のジェフリー・ラッシュ、ジョセフ・ファインズが脇を固め、ダニエル・クレイグも顔を見せている。主演女優賞ほかアカデミー賞7部門にノミネートされ、メイクアップ賞を受賞している。なお2008年には同監督とケイト・ブランシェットが再びタッグを組んだ続編『エリザベス:ゴールデン・エイジ』が公開された。

『エリザベス』のあらすじ

16世紀、カトリックとプロテスタントの諍いが後を絶たないイングランドを統治するメアリー女王は、かつて腹違いの妹であるエリザベスの存在を疎み、ロンドン塔に幽閉していた。やがてメアリー女王は崩御。エリザベスは、その後継ぎとして弱冠25歳の若さでイングランド女王に即位する。若くして頂点に上り詰めたエリザベスだったが、女王という重責を伴う立場により、彼女の想いとは相反する人生をスタートせざるを得なかった。政略結婚、謀反計画など様々な謀略が渦巻く王国で、女王として王国を守る決意を固めたエリザベスの激動の人生が始まった。

『エリザベス』のスタッフ・キャスト

『エリザベス』の感想・評価・ネタバレ

  • 竪琴

    ケイトさん圧巻…ダドリーのオロオロ加減とエリザベスのしゃきっと感の対比がよかったです。ダドリー、ぺらっぺらのしょーもない男にしか見えない(笑)常に自分の命が狙われている生活ってすごい緊張感だろな(e_e) 2015.11.22.鑑賞

  • lessmore
    lessmore 3 2015年5月31日

    本来、平和が理想であり教えであるハズが 教えの基である信仰の違いで争う Ⅰ人が平和な思考世界でも、周りがⅠ人の思考世界が違い争う行動をとる。 世界観の違いが世界を創っている。 世界観の違いを平和に導くためには絶妙なバランス感覚が必要である。 エリザベスは権力を活用して、尚且つ大きな何かを自分自身を犠牲にして英国を長年治める事が出来たのだろう。 権力が大きくなればなるほど高い人格が必要になる。 罪は償わないと消えないとすれば 信仰の違いや思考で争うことも理にかなってしまう。 最近はケイト・ブランシェット出演作品を観ているが 今のところリプリーのメレディス・ローグが印象深い

  • Leo

    ブルーレイ

関連する記事

『エリザベス』に関連する作品