催眠

催眠

1999年製作 日本 108分 1999年6月5日上映
rating 3 3
6 0

『催眠』とは

催眠による連続殺人の真相を追うサイコ・サスペンス。松岡圭祐の「催眠」シリーズをベースに、映画ならではの脚色と演出で描かれる。2000年にはテレビドラマ版が放送された。監督は『感染』『呪怨 終わりの始まり』など、多くのサイコホラー作品を手掛ける落合正幸。脚本は「海猿」シリーズ『容疑者Xの献身』の福田靖。解離性同一障害の女性・由香を演じる菅野美穂の怪演は必見。他、心理カウンセラー・嵯峨を稲垣吾郎、ベテラン刑事・櫻井を宇津井健が演じる。

『催眠』のあらすじ

東京都内で多発する変死事件。結婚披露宴で自らの首を絞めて窒息した新郎、身体能力の限界を突破して全身骨折した運動選手、分厚い窓ガラスを突き破り墜落した男。一見共通しない事件だが、死亡者は皆「緑の猿」という言葉を残していた。担当刑事の櫻井は催眠の存在を疑い、心理カウンセラーの嵯峨に協力を依頼する。捜査を始めた二人は、テレビ番組の催眠術パフォーマンスの中で「緑の猿」と口にした女・由香に面会する。由香は解離性同一障害であり、精神病院での入院歴があった。彼女の過去を紐解いていく中で、もうひとつの人格の存在があきらかになる。

『催眠』のスタッフ・キャスト

『催眠』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『催眠』に関連する作品