ドラえもん のび太の宇宙漂流記

ドラえもん のび太の宇宙漂流記

1999年製作 日本 93分 1999年3月6日上映
rating 3.2 3.2
38 0

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』とは

ドラえもん映画・テレビ20周年記念の超大作であり、大長編シリーズ第19作目。1999年3月6日に公開されており、監督は『ドラえもん のび太の南海大冒険』の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、『ドラえもん のび太の南海大冒険』の岸間信明が脚本を執筆した。第17回ゴールデングロス賞の優秀銀賞受賞。 今回の作品は、ドラえもんやのび太たちが、宇宙人の侵略から地球を守る為に繰り広げる大冒険を描いている。声の出演には、大山のぶ代、小原乃梨子ほかに、野沢雅子なども出演している。主題歌には、当時人気だったアイドルグループのSPEEDが『季節がいく時』を歌っている。

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』のあらすじ

誕生日プレゼントに宇宙旅行をプレゼントされ自慢してきたスネ夫。いつものように悔しいのび太は、ドラえもんに宇宙に行きたいと頼み込む。すると、ドラえもんは、ひみつ道具の「スタークラッシュゲーム」を出してくれた。 早速、遊び始めたがのび太とドラえもん、しずかちゃんは、ゲームオーバーになってしまい、ゲームの外に出されてしまう。仕方なく、三人は部屋を無重力に宇宙空間を楽しんでいたのだが、機械が窓にあたって割れてしまい、部屋の荷物が外に吸い出された。そして、ママに怒られ「スタークラッシュゲーム」を捨てられてしまう。しかしそのゲームの中には、まだジャイアンとスネ夫が入っていたのである。

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』のスタッフ・キャスト

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』の感想・評価・ネタバレ

  • aia__N

    ドラえもんは子供の頃よく観た映画。

  • ayn.

    8歳のとき、転校することになって、当時仲良かった子達がお別れパーティを開いてくれた。 その時に観に行った映画。 席がいっぱいで前から2列目で観て、首が疲れた思い出が(笑) 残念ながら、内容はまったく覚えてない(´・_・`)

『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』に関連する作品