ベイブ/都会へ行く

ベイブ/都会へ行く

Babe: Pig in the City
1999年製作 オーストラリア 96分 1993年3月6日上映
rating 3.2 3.2
131 4

『ベイブ/都会へ行く』とは

アカデミー賞7部門にノミネートされ視覚効果賞に輝いた前作『ベイブ』の続編。脚本・製作は前作に引き続きジョージ・ミラー。音楽も引き続きナイジェル・ウェストレイクが担当している。『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』を手掛けたアメリカの歌手ランデイ・ニューマンの『That'll Do』が主題歌で、第71回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた。主演は『アイ,ロボット』、『スパイダーマン3』のジェームズ・クロムウェルと、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のマグダ・ズバンスキーが続投。

『ベイブ/都会へ行く』のあらすじ

子豚のベイブと、牧場主のアーサーは、牧羊犬コンテストで優勝し、一躍時の人となる。アーサーのもとには取材やインタビューが殺到するが、興味のないアーサーは全て断っていた。ベイブや牧場の動物たちはいつも通り平穏な暮らしをしていたが、ある時ベイブの不注意で、アーサーが大けがをしてしまう。牧場主が倒れたことで、収入がなくなり、借金の返済が滞ってしまった。牧場はすべて差し押さえられ、なんとかこの状況を打破するためにアーサーの妻エズメが考えたのはベイブのイベント出演であった。エズメとベイブは出演料をもらうため、都会へ向かうが……。

『ベイブ/都会へ行く』のスタッフ・キャスト

『ベイブ/都会へ行く』の感想・評価・ネタバレ

  • 小池A

    前作が面白かったのかこっちは全然おもしろくなかった

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2016年5月18日

    マッドマックスが2でいきなり終末世界になったように、子豚のベイブも穏やかな田舎からいきなり大都会の動物ディストピアへ送り込まれちゃった。タフなサル一家に利用され、牙むく狂犬が襲いかかり、頼るヒトもなく非情な街でベイブは生き残れるのか…!監督がジョージ・ミラーになったことで、セルフオマージュ的なアクションがますますマッド化。更に生々しく人間臭い動物の演技がムチャに加速するカオス!スタントマンならぬ動物コーディネーターすごいぞ。基本は『スミス、都へ行く』がモチーフだろうし、ベイブの無垢な善良さはそのままだけど、やや影が薄くなったのは物足りない。でも(動物が)身体を張ったドタバタはサイレント映画やサーカスやアクロバットのイメージで、より一層寓話色を濃くした中にデモクラティックなテーマが流れるミラー監督。そこが好き。

  • まきくん。
    まきくん。 3 2015年5月18日

    続けて2作目を視聴 登場するキャラが増えて 話に盛り上がりが多いが 1作目の方が好きです。 結局、ブタくん最高♪

『ベイブ/都会へ行く』に関連する作品