ホーホケキョ となりの山田くん

ホーホケキョ となりの山田くん

1999年製作 日本 104分 1999年7月17日上映
rating 3.2 3.2
79 4

『ホーホケキョ となりの山田くん』とは

松竹株式会社配給によるスタジオジブリ作品。原作は平凡な家族の日常を4コママンガで描いた、いしいひさいちの『となりの山田君(ののちゃん)』。同作は、新聞紙面にて長年連載されている。監督、脚本は 高畑勲が務め、4コママンガのエピソードをつなげ、長編アニメーション作品に仕上げた。話題作『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』の間に制作された作品。両作品に対し興行収入的には及ばなかったが、デジタル方式を取られているにも関わらず、水彩画のような手描き感のあふれるこだわった作風で、同監督作品『かぐや姫の物語』に次ぐ作画枚数を必要としたほどの大作。声優も朝丘雪路、益岡 徹、古田新太 、矢野顕子、柳家小三治、中村玉緒、ミヤコ蝶々、上岡龍太郎、笑福亭鶴瓶、江川卓など多彩な面々が揃う。

『ホーホケキョ となりの山田くん』のあらすじ

小学3年生の主人公、のの子、父たかし、母まつ子、兄のぼる、祖母しげ、愛犬ポチで構成される山田家の日常を切り取る。のの子の家族紹介からスタート。のぼるが自分の容姿を親のせいにしたことで、両親の結婚式へとストーリーはさかのぼる。やがてめでたく、のぼる、のの子の順に誕生、「子を持って知る親の恩」なんてセリフもこぼれて。シーンは変わり、家族で出かけたデパートにて、のの子が迷子に。迷子の自覚がないのの子は自分以外にも親とはぐれた男の子と意気投合し、親の方が迷子になった、困ったものだとの見解。その時、両親はどこにいるのか。なんとのの子がいないことに気付かず、家路についてしまっていた。のの子は無事家族のもとへ帰ることができるのか?!

『ホーホケキョ となりの山田くん』のスタッフ・キャスト

『ホーホケキョ となりの山田くん』の感想・評価・ネタバレ

  • mazda

    ののちゃんでおなじみの山田一家を、ジブリが描いて映画化。 朝日新聞の、ののちゃんの四コマ漫画を何度か見たことあるくらいしか知らないけど、期待をそんなしていなかったからか思っていたよりはよかった。 ストーリーの上でやってることは四コマ漫画と同じようなテンションなんだけど映画化したことでゆったりと伝わってくる山田家の空気や家族の平和の奥深さがとても良い。 かぐや姫の物語みたいな映像のタッチがすごくよかったなあ、かぐや姫よりもっと可愛らしい絵だけどペールトーンのシンプルで素朴な水彩画みたいな絵がやわらかくて優しくてほっこり。 出だしのお父さんとお母さんが結婚〜今までをファンタジーなテンションで説明する絵がすごく好きだった、桃から生まれた山田くんと竹から生まれたののちゃん、笑。おばあちゃんが実はとても素敵なことを言っている。。。かたつむりが家を背負って生きているのと家族を背負って生きているのをかぶせていた表現がよかった。 もっと映画としては短くてもいいからこの出だしのような家族の平和が人生の平和みたいな深さを、映画っぽさを意識して作ったらもっと人気出たんじゃないかなあ。 短編の話も誰もがどれかのシーンに、あるあるうちの家もあるで〜って共感できるような生活感満載の内容になっていてこの共感がアットホームで好き。 山田母ちゃんの勉強しなはれ音頭が個人的にベストツボ大賞だった。年賀状仕分けと毎日素麺の下り好き。 ジブリ作品の中では失敗側にはいってしまってるかもしれないけど、ジブリが描くとこんなに人が人らしく描けるんだなあと思って悪くなかった。矢野顕子さんの音楽がこの映画の作りの中で一番良かったところです。すごく聞いてて心地良かった。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 3 2015年4月13日

    いしいひさいち の おじゃまんが山田くんは子供の頃にかなり読んでました 間で笑える漫画だったのでジブリが作品化したのに驚かされ チャレンジャーだな~って思ったもんでしたが 興業的にやっぱり失敗、、でも悪くないですよ、誰か頼むから マカロニほうれん草と、どら猫ロックを併せて映画化して下さい!

  • Gin

    ふわっふわしてる空気感は嫌いじゃないが映画として観るもんじゃないかな。

『ホーホケキョ となりの山田くん』に関連する作品