マトリックス

マトリックス

The Matrix
1999年製作 アメリカ 136分 1999年9月11日上映
rating 3.7 3.7
639 13

『マトリックス』のスタッフ・キャスト

『マトリックス』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 5 3月7日

    昼は会社員、夜はハッカーの男は怪しげなメールを手に入れる…。 折に触れて鑑賞しているこの映画、実はレビューを残していなかったことに気づいたので改めて鑑賞した。今回の鑑賞で通算5回は超えたと思われる。本作は紛う方なきオールタイムベストだ。 我々が住んでいる世界が実は頭の中でしか存在しない世界であり、実は目覚めるとそこには荒廃した世界が広がっていた、という設定。これは胡蝶の夢そのもので、SFにおける歴史は深い。しかしこの映画がその抽象化された概念を一般的にしたと言えるだろう。一般人として暮らす男が、ある日目覚め、しかもその世界で自分が救世主として扱われる。これは現在日本でも人気のラノベと物語構造が似通っている。つまり誰しもに訪れる可能性があるのだ。次に目を開けた瞬間には別の世界かもしれない。そんなありえない世界をこの映画は肯定し続ける。 この映画が素晴らしいのはこの高度なSF世界を圧倒的な映像演出でエンターテイメントまで昇華させてしまったことであろう。今見ても遜色ない素晴らしいVFX技術である。この映画が1999年製作であることを聞くたびにグッと目頭が熱くなる。当時リアルタイムで鑑賞できた方が本当に羨ましい。私が当時の映画小僧だったら観賞後に失神していたかもしれない。この映画はアジア圏からの影響も多分に受けている。特にブルース・リー、ジェット・リーからのカンフーアクションの引き継ぎは目を見張るものがあり、完璧にこなしてしまうキアヌ・リーヴスも超一級だ。カンフーアクションはこの映画によって意味合いそのものが変容したとも言える。この映画は香港ノワールの巨匠ジョン・ウーからの影響を多分に受けている。ガンアクションなどはそのものであろう。これらの親和性は簡単に測れるものではなく、下手をすれば一気にチープになってしまうが、この映画恐ることを知らない。全編ビリビリだ。ちなみにこの映画からアクションを取り除いた映画『あやつり糸の世界』というのも非常に面白い。

  • やじろべえ
    やじろべえ 5 2019年11月17日

    これで観るの何回目? アクションシーン、どんなふうに頭使えば、あんなカッコいいシーンが表現できるの? 何度見ても、大満足です。

  • 夏穂

    設定が面白い! キアヌリーブスかわいい笑 アクションがカッコよかってスッキリした!

『マトリックス』に関連する作品