PERFECT BLUE (1998)

PERFECT BLUE (1998)

1998年製作 日本 81分 1998年2月28日上映
rating 4 4
148 35

『PERFECT BLUE (1998)』とは

アイドルから女優へ転身した主人公が精神的に追い詰められていく姿を描いたサイコホラーアニメーション映画作品。監督は今も絶大な人気を誇っている今敏で、今作で初めて監督を務めた。原作は竹内義和の『パーフェクト・ブルー 完全変態』。企画協力として『AKIRA』で有名な大友克洋も参加している。 主役・霧越未麻の声は、テレビアニメ『To Heart』や『カードキャプターさくら』の岩男潤子、マネージャー・ルミの声は、『ポケットモンスター』シリーズで名を馳せる松本梨香が演じた。

『PERFECT BLUE (1998)』のあらすじ

アイドルから女優へと転身を果たした霧越未麻の女優として最初の仕事は連続ドラマへの出演。演じるシーンはアイドル時代とはかけ離れている非常に過激なものであったが、事務所のプッシュにより勝ち取った役であり、元マネージャー・ルミの反対がありつつも、未麻は役を演じ切るのであった。 女優として知名度を上げていく中で、未麻と共に仕事をした人物が殺害される事件が起こる。さらに、とあるホームページでは未麻の名を名乗って日記が綴られていた。熱狂的なファンからは脅迫のようなFAXが届き、徐々にエスカレート。不安や恐怖は募っていくばかりで、ついには身の危険を感じるようになり、女優へ転身したことは正しかったのかと悩むようになる。

『PERFECT BLUE (1998)』のスタッフ・キャスト

『PERFECT BLUE (1998)』の感想・評価・ネタバレ

  • まじ

    これは名作というより怪作(?) こんなの見たことねえぞ!!って気持ちにさせられました アイドル=偶像っていう本来の意味がバッチリ表れてる メッチャ怖かった 一気に見れなくて二、三回ぐらいに分けて見ました 途中まで予測を立てながら見れたんだけど、ラストが意外だしオチが怖いオチが! 周りの映画好きに片っ端から見るように勧めてます

  • ことね。
    ことね。 3 2016年5月13日

    20160513 アニメで初めて怖いと思った。

  • のぷふら
    のぷふら 5 2016年3月28日

    レンタルにて鑑賞。 いやー、久しぶりに素晴らしいアニメ映画を観た。日本のアニメ映画って、ちょっと小難しいイメージがあって敬遠していたのだけれど、日本のアニメにもっと触れなくてはならないと反省。82分という短い上映時間のなかで、幾重にも伏線を張りながら、しっかりまとめてくるところは脚本の妙を感じるし、内容的にも、アニメ映画初心者に向いているだろう。 IMDbのトリビアを読んだのだけれど、この作品、もともとは実写で製作する予定だったらしい。だからか、カメラワークも実写映画のそれを感じさせる。あまりシーンの例を挙げすぎるとネタバレになってしまうのだけれど、突然現れるもう一人の自分とか、カットの割り方や画面への登場の仕方が実写映画のようだ。普段アニメ映画に見慣れない自分でもすんなり世界観に入っていくことができた。また、全体を漂う緊張感もうまい。いきなり主人公の未麻のアイドル卒業宣言から始まり、家に「裏切り者」とかかれたファックスが送られてきてから、観るものを現実と妄想の脆い境目に突き落とし、未麻の恐怖へと感情移入していく。つまり、前置きが長すぎず、しかしアイドルとして輝いている未麻をしっかり伏線に置いたうえで、開始5分から物語の本番が始まるのだ。だから最初から緊迫感が途切れない。かつ話の流れのテンポもよいので、みるみるうちに作品に引き込まれていくのだ。 現実と妄想の描き方も絶妙だ。あの怪しげな警備員はだれか? 「本当の未麻」とはいったい誰なのか? 「幻想は実体化しない」という意味深なセリフ。すべてに謎を解くカギが仕組まれている。そして結末ですべてが収束する。これは『シックス・センス』を初めて観た時の感覚と似ている。騙された感がなく、すべての伏線がつながり、驚きながらも納得のいく結末。どんでん返し系の映画には、簡単にオチの予想がついたり、伏線らしきものもなく種明かしでびっくりさせるだけの映画も数多くあるが、この映画は違う。素晴らしいストーリーと脚本だ。 演出と脚本、ストーリーボード、すべてがバランスよく影響し合い、すばらしいサイコ・サスペンスが生まれた。なかなかここまで作品に没入でき、次の展開はどうなるのかと期待させ続け、最後まで裏切らないサスペンスも珍しい。非常によくできた映画だ。 それにしても蛇足だが、ダーレン・アロノフスキーはこの映画のファンなのだろうか。ストリップ小屋でのレイプシーンは、カメラワークからなにから『レクイエム・フォー・ドリーム』でコピーしてるし、物語構成や主人公の名前のサウンドまで『ブラック・スワン』で真似している。まあダーレン・アロノフスキー監督がこの映画のファンでも驚かない。何度も言うようによくできた映画だし、アロノフスキー監督の好きそうなテーマを扱ってもいるからだ。

『PERFECT BLUE (1998)』に関連する作品