アナスタシア
アナスタシア
Anastasia
1997年製作 アメリカ 94分 1998年8月29日上映
rating 3.4 3.4
51 5

『アナスタシア』のまつりの感想・評価・ネタバレ

まつり
まつり 3 2014年6月29日

ディズニーではないはず。20世紀FOX制作らしいけど随所にディズニーっぽさを感じる。愛らしい動物のおとも、スカーとジャファーとマレフィセントな感じの悪役(それとも長編アニメのお約束なのかな)。あと旧宮殿に迷い混むところは美女と野獣、夢の舞踏会は眠れる森の美女の一幕を思い出した、この辺は自分の感覚の問題だなと思うけど(苦笑)。でも確かにディズニーとは一味違う。ラスプーチンの気持ち悪さは、悪役の一言では言い表せない。腐ってバラバラ、自分の胃のなかに頭落ちてそのままお喋りとか!子供喜ばないよ!ドン引きだよ!と突っ込まずにはおけない(あとラスプーチンの造形が妙に本物に近いのも怖いし、アナスタシアの絵が実話ベースすぎてwiki読みながらビクッてなった、だって歴史的には全然プリンセスストーリーじゃないし、ぞくっとするって)。子犬のプーカの愛らしさに何度救われたことか!プーカもそうだけど動作の丁寧さが際立っててそこはすごくよかったなあ。ディミトリが苦悩するとこも好きだった。再三ディズニーと比べて申し訳ないけども、ラプンツェルとかアナ雪とかの男はそのへん完全にスルーしてくからね。悩まないんだーって吃驚するもん。全体的にすごく丁寧につくったんだなって印象を受けた、プーカの可愛さは異常だ、犬好きなスタッフがいたに違いない