アルマゲドン

アルマゲドン

Armageddon
1998年製作 アメリカ 150分 2000年12月12日上映
rating 3.8 3.8
1020 35

『アルマゲドン』とは

地球壊滅の危機を救うため宇宙へ向った男たちの熱き死闘を描いたSFヒューマンドラマ。監督は『ザ・ロック(1996年)』のマイケル・ベイ。本作公開の2ヶ月前、設定が似ている『ディープ・インパクト』が全米公開され、あまり評価を得られなかったが、それでも第71回アカデミー賞の4部門にノミネートされている。主演は『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス、その娘役にリヴ・タイラーが抜擢された。主題歌はリヴ・タイラーの実父スティーヴン・タイラーがヴォーカルを務めるエアロスミスの『ミス・ア・シング(I Don't Want To Miss A Thing)』。

『アルマゲドン』のあらすじ

巨大小惑星が地球に接近、18日後には地球に衝突することが発覚。そうなれば地球は壊滅、人類滅亡は免れない。NASAは小惑星の深部に到達する穴を掘削、内部で核爆弾を炸裂させ軌道修正する案を捻出。その作戦遂行のため、穴掘りのプロである石油採掘員達が召集された。彼らは石油会社スタンパー・オイルの社員で、掘削においては超一流の腕前を誇る社長のハリー・スタンパー(ブルース・ウィリス)と長年仕事をしてきた仲間たち8名だった。そこにNASAのクルー6名を加えた合計14人がシャトル2機に分乗し、人類の運命を背負って宇宙へと飛び立つ。

『アルマゲドン』のスタッフ・キャスト

『アルマゲドン』の感想・評価・ネタバレ

  • Shoichi Hiraki
    Shoichi Hiraki 3 16日前

    2018/07/27

  • Erika

    万人ウケ。 個性的な登場人物、ハラドキな展開、感動のラスト、壮大な主題歌!ちょっと涙腺を狙いすぎてる感もあるけど、どの世代が観ても時間を忘れて満足できるThe映画。

  • syn490

    記録用

『アルマゲドン』に関連する作品