アレクサンドリア

アレクサンドリア

rating 3.4 3.4
22 11

『アレクサンドリア』とは

4世紀のエジプトに実在した女性天文学者ヒュパティアの運命を描いた歴史ドラマ。美しく賢い女性ヒュパティアとアレクサンドリア図書館で起こった悲劇の物語を壮大なスケールでつづっている。製作国のスペインでゴヤ賞7部門を受賞し、最高興行収入を記録した。 監督・脚本は、『海を飛ぶ夢』でベネチア国際映画祭審査員特別グランプリを得たアレハンドロ・アメナーバル。 『ナイロビの蜂』でアカデミー賞助演女優賞とゴールデングローブ賞最優秀助演女優賞を受賞したレイチェル・ワイズが主演を務める。

『アレクサンドリア』のあらすじ

4世紀末、ローマ帝国崩壊寸前の乱世。エジプトのアレクサンドリアに、美しくも知性あふれる女性天文学者ヒュパティアがいた。誰にでも分け隔てなく接し、天文学に情熱を注ぐ姿勢で、多くの弟子たちから慕われるヒュパティア。 一方このころ、古代エジプトの街では急速にキリスト教が広がっていた。キリスト教徒らが古代の神々を侮辱したため、科学者たちはキリスト教と対立。ヒュパティアは話し合いでの解決を求めるも、科学者たちは報復攻撃をしてしまう。怒ったキリスト教徒たちは、科学者らに反撃。科学者たちは危機をのがれるため、アレクサンドリア図書館へと避難するのだった。

『アレクサンドリア』のスタッフ・キャスト

『アレクサンドリア』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuko Fujiwara
    Yuko Fujiwara 3 2015年4月17日

    2015.4

  • よっきー
    よっきー 0 2014年10月24日

    あんまり面白いと思うシーンがなかったな

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2012年6月22日

    血生臭い争いを繰り広げるほんの狭い世界と、宇宙からの視点を交えたビッグスケールな映像が、極端なコントラストを演出する。歴史劇には大胆な構成。キリスト教徒が一番ムチャクチャな悪者みたいに見えてしまうけど…宗教ばかりでなく、政治も民族も階級もみんなカオス状態。これがずっとループして今に至る… レイチャル・ワイズの類稀な高潔感と、奴隷役のマックス・ミンゲラの対比も見事。少年時代からずっとイチ推ししてきたミンゲラくん、『ソーシャル・ネットワーク』などの損な役回りからやっと準主役に!国籍不詳の薄暗いルックスが生かされてて満足です。ラストもかなりどんよりしちゃうほどガチ。

『アレクサンドリア』に関連する作品