機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊

rating 3.4 3.4
22 2

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊』とは

2011年3月5日公開の、日本が誇るロボットアニメ大作であるガンダムシリーズで、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」シリーズのアニメーション化の第3弾である。メガホンを取るのは、前の2作の「ユニコーンの日」「赤い彗星」と同じく古橋一浩監督。「ラプラスの箱」をめぐる争いで主人公・バナージがネオ・ジオン残党軍につかまるという窮地に立たされ、スリリングな脱出劇とし烈な戦いを繰り広げる様子を映し出した内容である。シリーズ中盤を迎えて、後半に向けた展開に期待が高まる。 声の出演には、内山昂輝、藤村歩、下野紘、戸松遥、浪川大輔、豊口めぐみ、甲斐田裕子ほか。

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊』のあらすじ

第二次ネオ・ジオン戦争終結より3年。「シャアの再来」と言われるフル・フロンタルの「シナンジュ」との交戦により、ネオ・ジオンの残党軍「袖付き」の本拠地・資源衛星パラオに「ユニコーンガンダム」と共に身柄を拘束されたバナージであった。ロンド・ベルの強襲揚陸艦ネェル・アーガマは、「ユニコーンガンダム」奪還、それとバナージの救出の為、パラオ攻略作戦を開始したのである。 そんな中、リディは地球に向かう為、密かに艦内よりオードリー・バーンを連れ出し「デルタプラス」で出撃するのだった。ネェル・アーガマの放つハイパー・メガ粒子砲の奇襲により、瞬く間に戦場と化すパラオ。騒乱のなか「ユニコーンガンダム」で離脱するバナージだったが、そこにフル・フロンタルが出撃させたマリーダの「クシャトリヤ」に行く手を阻まれてしまう。

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊』のスタッフ・キャスト

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊』の感想・評価・ネタバレ

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 3 2018年12月24日

    2018年 65本目 BDにて鑑賞

  • とし

    ラプラスの箱が現時点では何なのかわからないけどソレを巡っての攻防。ハイパーメガ粒子砲炸裂。威力ハンパないな。NDTが発動すれば無敵に近いが体が持たなくなるし少ししか時間がもたないのて結局のところSEEDのトランザムシステムの方が高性能なのかな?

  • HEROHALU

    記録用

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊』に関連する作品