ズッコケ三人組 怪盗X物語

ズッコケ三人組 怪盗X物語

1998年製作 日本 100分 1998年7月4日上映
rating 0 -
0 0

『ズッコケ三人組 怪盗X物語』とは

小学6年生のハチベエ・ハカセ・モーちゃんからなる「ズッコケ三人組」が謎の大泥棒・怪盗Xと対決するアドベンチャー作品。監督を務めるのは『いちご同盟』の鹿島務。脚色は『静かなる首領10』の北野ひろしが那須正幹の原作を基に担当。撮影は『マグニチュード』の栢野直樹が手掛けている。出演は森翔吾・金井勇太・島田正直らオーディションによって選ばれた子役3人をはじめ、藤竜也・平田満・原日出子ら。同時上映は『新生トイレの花子さん』。

『ズッコケ三人組 怪盗X物語』のあらすじ

ハチベエ・ハカセ・モーちゃんら「ズッコケ三人組」が暮らす稲穂県緑市花山町に、突如謎の大泥棒・怪盗Xから予告状が届いた。内容は「町で一番大切なものを頂戴する」というもの。音羽警部補はこの予告状の存在を焼鳥屋でうっかり漏らしてしまい、花山町はあっという間に大騒ぎになる。「町で一番大切なもの」とは一体何なのか?住人たちの間で論争が繰り広げられる中、ハカセはXについて調査を開始した。そして町の外れにあるコウモリ洞に海賊の財宝が眠っていることを知ったハカセは、これが怪盗Xの狙いではないかとモーちゃんを連れて洞窟探検の準備を始める。一方、市長の孫・権太から果たし状を送られたハチベエはそれどころではなかった。

『ズッコケ三人組 怪盗X物語』のスタッフ・キャスト

『ズッコケ三人組 怪盗X物語』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ズッコケ三人組 怪盗X物語』に関連する作品