それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に

それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に

1998年製作 日本 55分 1998年7月25日上映
rating 0 -
0 0

『それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に』とは

1998年7月25日の公開で、映画「それいけ!アンパンマン」シリーズ第10作品目である。日本テレビ開局45年記念、アンパンマン映画化10年記念作品として製作された。 今回の作品は、やなせたかしが作詞した童謡「手のひらを太陽に」をテーマにしており、シャイン王子とブラック大魔王との戦いにアンパンマン達が巻き込まれていくことから物語は進んでいくジュブナイル・アニメーション。 監督は『それいけ!アンパンマン空とぶ絵本とガラスの靴』の永丘昭典。脚本は、やなせたかしの同名漫画を基に、藤田伸三が執筆している。声優には、戸田恵子、中尾隆聖ほか、ゲスト声優として、ヒロインのリナちゃん役に菊池桃子が、シャイン王子役に前作「虹のピラミッド」でレインボー王子を演じた福澤朗が起用されている。

『それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に』のあらすじ

アンパンマンたちの住む街での公演を終えた、だいこん役者とでんでん一座。一座の中には、オカリナが上手なリナちゃんの姿もあったが、リナちゃんはいつも寂しそうだった。 SLマンに乗って次の街への移動中、リナちゃんが急にくらやみ谷へ行きたいと言い出し、みんなはびっくりする。くらやみ谷には、闇を支配する宝物が隠してあり、一度入ったら二度と戻ってこられない恐ろしい場所であった。でも、リナちゃんにはどうしても探したい人がいたのである。それは、かつてくらやみ谷でブラック大魔王と戦い、自ら封印されたシャイン王子であった。彼女の気持ちを知ったでんでん一座は、くらやみ谷に行くことを決意する。 一方、宝物の話を聞いて一足先にくらやみ谷へ潜入したばいきんまんとドキンちゃん。宝の壺を見つけだし蓋を開け、ブラック大魔王を復活させてしまう。

『それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に』のスタッフ・キャスト

『それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『それいけ! アンパンマン てのひらを太陽に』に関連する作品