ホームカミング

ホームカミング

2010年製作 日本 105分 2011年3月12日上映
rating 2 2
3 0

『ホームカミング』とは

仕事を生きがいにしていた男が定年退職後、老人ばかりが住む自分の街を活性化させようと奮闘するコメディドラマ。主役を演じるのは高田純次で、これが初主演映画となる。監督・脚本は『衝動殺人 息子よ』のプロデューサーや、『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』の監督を務めた飯島敏宏。音楽は冬木透と栗山和樹。出演は高田のほかに高橋惠子、麗奈、秋野太作、林隆三、竜雷太など。またアニメ映画監督の庵野秀明が友情出演している。

『ホームカミング』のあらすじ

仕事一筋の人生を送って来た鴇田和昭は61歳になり、定年退職を迎えた。鴇田は郊外の街「虹の丘タウン」にマイホームを構え、妻の摩智といっしょに暮らし始める。「虹の丘タウン」は、かつてはドラマの舞台にもなった憧れの街だったが、今では住民の平均年齢が高い、老人が多く住む地域になっていた。鴇田は街を活性化させ、そして自分も精神的な若さを取り戻そうと、同世代の仲間と行動を起こす。目的はかつて虹の丘タウンで行われていたお祭りの復活。しかしそんな折、地元で誘拐事件が発生する。偶然から事件に関わった鴇田たちは、若手警察官の捜査に協力する。

『ホームカミング』のスタッフ・キャスト

『ホームカミング』の感想・評価・ネタバレ

  • Sacchin

    ニュータウンの高齢化、活気を取り戻すためにお祭りで盛り上げる。 人が地域で楽しく生活をする、ということ。

  • pinkfish

    高齢化社会、郊外過疎に一石を投じる作品。このようにうまくいけばよいのに…

『ホームカミング』に関連する作品