釣りバカ日誌9

釣りバカ日誌9

1997年製作 日本 115分 1997年9月6日上映
rating 2.7 2.7
8 0

『釣りバカ日誌9』とは

やまさき十三と北見けんいちの同名漫画を実写化した『釣りバカ日誌スペシャル』を含めた人気シリーズ第10作目。監督は「釣りバカ日誌」レギュラーシリーズの栗山富夫。脚本は前作に続き山田洋次と「男はつらいよ」シリーズの朝間義隆が共同で執筆を手掛けた。撮影は『男はつらいよ 寅次郎の青春』(1992年)の花田三史が担当。 シリーズ主演の西田敏行と三國連太郎に加え、浅田美代子、谷敬らレギュラー出演陣が脇を固める。ゲストとして、「あぶない刑事」シリーズの小林稔侍と『恋と花火と観覧車』(1997年)の風吹ジュンが出演した。

『釣りバカ日誌9』のあらすじ

ある日、ハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)の所属する営業部に新部長としてハマちゃんの同期の馬場(小林稔侍)が配属された。ハマちゃんとは正反対で真面目でエリートの馬場は、私生活の方では妻と離婚し引きこもりの息子との二人暮らしで親子関係に悩まされていた。 ある日、鈴木建設に取引先を失うピンチが訪れる。上司から対処を命じられた馬場は、ハマちゃんの築き上げた人脈に助けられるのだった。そのお礼にと、馬場はハマちゃんを想いを寄せているママ・茜(風吹ジュン)が経営する小さなスナックへと連れて行く。そして、ハマちゃんに背中を押され告白しようとしていたところ、茜が店を閉めて故郷の仙台へ帰る事を知るのだった。それから数日後、落ち込んでいた馬場は、ハマちゃんとスーさんの3人で鹿児島県へと出張することになるのだが......。

『釣りバカ日誌9』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌9』の感想・評価・ネタバレ

  • chulalongkorn
    chulalongkorn 3 2018年6月12日

    ✈️MH9118 (JL 724) (KUL 22:50-NRT 07:05 +1) 機内にて。

『釣りバカ日誌9』に関連する作品