パラサイト・イヴ

パラサイト・イヴ

1997年製作 日本 121分 1997年2月1日上映
rating 2.7 2.7
25 2

『パラサイト・イヴ』とは

太古から人間の細胞に潜む「ミトコンドリア」の暴走を、最新の特殊撮影技術を駆使して描いたSFホラー作品。テレビドラマ『世にも奇妙な物語』などで知られる落合正幸が映画監督デビューを果たした作品でもある。脚本は「踊る大捜査線」シリーズの君塚良一。主演は『私をスキーに連れてって』で主演を務めた三上博史。共演には葉月里緒菜、別所哲也、稲垣吾郎などが名を連ねる。 本作はデビュー作であり、第2回日本ホラー小説大賞も受賞した瀬名秀明の長編ホラー小説を原作としている。ゲーム化もされスクウェア(現スクウェア・エニックス)から『パラサイト・イヴ』、『パラサイト・イヴ2』として発売されて人気作となった。

『パラサイト・イヴ』のあらすじ

大学の薬学部に所属する永島利明は、人間の細胞に寄生する「ミトコンドリア」について研究する生物学者だった。妻・聖美と結婚してちょうど1年、その日利明は聖美と共に記念日を祝うはずだったが、聖美が交通事故に巻き込まれ意識不明、そして脳死状態となってしまう。聖美は腎バンクに登録をしており、彼女とHLA型が一致する少女・麻理子への腎臓提供を頼まれた利明は、その交換条件として聖美の肝臓の摘出を医師に申し出る。 手術は無事成功し、聖美の肝臓を手に入れた利明は独自に肝細胞を培養し始めるが、それは細胞だけでも聖美を生かしたいという精神的に追い詰められた利明の場当たり的な行動だった。手術後、腎臓の提供を受けた麻理子は拒否反応もなく順調な回復を見せていたが、不思議な現象が彼女を襲う。提供された腎臓が異常な細胞増殖を繰り返し、まるで意思があるかのように動き始めたのだった。 一方、無謀な研究をすすめる利明の肝臓細胞にも同様の現象が起こっていた。それは遥か昔ヒトの起源にまで遡るころ、人間の細胞に寄生した原初のミトコンドリア、「ミトコンドリア・イヴ」の暴走だった……。

『パラサイト・イヴ』のスタッフ・キャスト

『パラサイト・イヴ』の感想・評価・ネタバレ

  • やじろべえ
    やじろべえ 1 2018年3月11日

    子供の時に原作読んで、何十年の時を超えて、映画を初視聴。 だけど、女優さんは神秘的だったけど…やっぱり、昔の映画はテンポが遅い

  • タマキ
    タマキ 2 2017年5月10日

    ホラーかと思って観るとガッカリするパターンの映画。 利明の完全に狂っちゃってる愛情の注ぎ方とか、出会いから利明が狂って培養を始めるところまでが実はシナリオ通りでしたって所まではまぁまぁ面白かった分、最後全部愛でザックリ解決するのがしっくりこなかった。 描写としてもあまりイヴが脅威になるとは思えなかったし....。 最後ガッツリ燃えてた利明が普通に回想してたのも謎だったなぁ、不死身?笑 音楽は久石さんだけあって良かった。

  • 保津稔
    保津稔 2 2014年12月19日

    思い出補正かもしれんけど、この頃の邦画にはまだパワーがあった気がする。出来の良し悪し、ではなく…思い出補正やろな…

『パラサイト・イヴ』に関連する作品