マルタイの女

マルタイの女

1997年製作 日本 131分 1997年9月27日上映
rating 3.2 3.2
20 2

『マルタイの女』とは

『スーパーの女』の伊丹十三監督第10作目。「マルタイ」とは、護衛対象になる人物を指す警察用語である。殺人現場を目撃してしまい、マルタイとして守られる主人公の女性を描いた作品。社会派でありながらコメディ要素もあり、エンターテインメント性の高い映画となっている。同監督は、映画公開後の97年12月20日に飛び降り自殺をし、惜しくも本作が遺作となってしまった。 主演は、伊丹映画の全てに出演を果たしている宮本信子。撮影は『スーパーの女』の前田米造が担当。共演の西村雅彦が、本作でキネマ旬報助演男優賞を受賞した。

『マルタイの女』のあらすじ

女優の磯野ビワコはある日、弁護士夫婦が殺害される現場を目撃してしまう。犯人に気づかれたビワコも殺されそうになるが、ギリギリのところで助けられた。犯人はカルト教団の一員で、その教団は殺害された弁護士と対立していたらしく、会見を開いたビワコは裁判の証言者として法廷に立つことを宣言する。 警察の重要参考人となったビワコは、身辺保護対象者(通称マルタイ)として立花刑事と近松刑事から常に守られることとなったが、教団側はビワコに証言をやめさせるよう脅迫や嫌がらせを始めるようになり、ビワコは精神的に追い詰められ、やがて証言することをためらってしまう……。

『マルタイの女』のスタッフ・キャスト

『マルタイの女』の感想・評価・ネタバレ

  • lessmore
    lessmore 1 2015年6月24日

    この作品は伊丹作品では好ましくなかった。 三谷幸喜が企画にどうとかこうとか 最後のメッセージだけがらしかったが メッセージに見合う内容には感じれなかった。 残念

『マルタイの女』に関連する作品