身も心も

身も心も

1997年製作 日本 126分 1997年10月18日上映
rating 0 -
0 0

『身も心も』とは

複雑な過去の思い出をいつまでも引きずる、全共闘世代中年男女の恋を描いた心理ドラマ。数多くの監督とタッグを組み、『時代屋の女房』、『Wの悲劇』等の傑作を生み出してきた脚本家の荒井晴彦が、鈴木貞美の同名小説をもとに初めてメガホンを取った。 主演は、荒井晴彦が脚本を執筆した『ダブルベッド』で作詞家を演じた柄本明。共演に、同じく荒井晴彦脚本の『ありふれた愛に関する調査』に出演した奥田瑛二。その他、永島暎子やかたせ梨乃などが出演している。

『身も心も』のあらすじ

東京から飛行機で1時間、人気のない小さな町。妻子と別居中のシナリオライター・関谷善彦は、友人・岡本夫妻のニューヨーク出張中の留守を頼まれて、その町へとやってきた。善彦が、岡本良介が気を遣って残していった仕事に取り掛かっていると、良介の妻・綾が手伝っている喫茶店の留守番を彼女から頼まれた原田麗子も、東京からやって来る。初対面である2人の他愛もない会話は、共通の友人である岡本夫妻のことばかり。そんな会話の中で、やがて4人の複雑な関係が見え始める。そんな中、ニューヨークへ飛んだはずの綾が、突然1人で帰ってきて……。

『身も心も』のスタッフ・キャスト

『身も心も』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『身も心も』に関連する作品