12モンキーズ

12モンキーズ

Twelve Monkeys
1995年製作 アメリカ 130分
rating 3.5 3.5
202 32

『12モンキーズ』とは

クリス・マイケルのSF短編映画『ラ・ジュテ』にヒントを得たSF映画。時間旅行をテーマとし、現在と過去を行き来する服役中の犯罪者ジェームズ・コールの数奇な運命を緻密な脚本で描いた異色作である。脚本は傑作SF作品『ブレードランナー』のデイヴィッド・ピープルズと妻のジャネット・ピープルズが執筆。監督はカルト的な人気を誇る『未来世紀ブラジル』のテリー・ギリアム。『ダイ・ハード』シリーズ『フィフス・エレメント』のブルース・ウィリスが主演を務める。

『12モンキーズ』のあらすじ

囚人のジェームズ・コールは独房の中名前を呼ばれ目を覚ました。特赦のチャンスがある任務を命じられたのだ。20世紀末、謎のウィルスが蔓延により99%の人類が死滅。21世紀初頭滅亡目前の生き残った人類は、ウィルスに汚染された地上を捨て地下へと生活の場を移す。そんな中、科学者たちはタイムトラベル技術を生み出し、ウィルス発生の原因を探る試みをしていた。地上での調査で評価を得たジェームズは、ウィルス発生の原因と思われる「12モンキーズ」という団体を探るために過去へ行くこととなった。しかし1996年に送られるはずが、1990年に送られてしまう。混乱したジェームズは逮捕、精神病院に移送されある男に出会う。それはウィルス発生の鍵を握る重要な人物だった。

『12モンキーズ』のスタッフ・キャスト

『12モンキーズ』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuzukappa
    Yuzukappa 4 2017年7月20日

    後半になるにつれてどんどんおもしろくなっていた!こういう時間ループものは伏線をはっているときが脈絡がなくて見にくいがこの映画もそれが終わった後の回収が気持ちよく、楽しめた。 何よりよかったのは芝居。ブルースウィルスはボロボロの男性演じさせたらほんとかっこいい。そして相手役の女性もすごいよかった、最後の表情はたまらない。さらにブラッドピット、この人は演技はなんだよなぁと改めて実感。この役に彼をキャスティングするのもすごい。 ほぼ現実世界での映画なのにしっかりとパラレルワールドのように見えるのも妙。とくに途中どちらが本当の世界なのか見てるこっちも疑いたくなるほどだった。 しかしラストは切ないなあ。 ええーーーー、変えてクレェ、奇跡が起きてくれ、幸せになってくれーと心から思ってしまった。また2人は何度も会うのだろうけども。恋しちまったなぁ。

  • Koichiro Uematsu
    Koichiro Uematsu 4 2016年9月14日

    未来世紀ブラジルの二番煎じかと思ったらちゃんとストーリー作ってきてて期待値上回ってきた。ブラッド・ピットの病院内の演技はホント参考になる。あとブルース・ウィリスのあの姿はずるい。

  • エミデブ
    エミデブ 4 2016年6月26日

    今年に入ってからだとおもうけど、ケーブルテレビと契約して、でもまぁ、正直言うと、あんまりみないんだよ。1ヶ月分の番組表あっても映画探すのも大変でね。たまーに、番組表開いてみたいものを録画するんだけどその数少ない映画の一つ。これね、ドラマは観てたんだよ、途中まで。ドラマすっごい面白くてね、でもなんか間隔空いちゃって最後まで観なかった。勧めてくれた友人には申し訳ないことをした。 でもたまたま先述した理由で見る機会ができて、この前観ました! 基本的にタイムスリップだとかアクション、SF系は好んでみないんだけど、ドラマが面白かったのもあってすごく楽しんでみちゃいました。お金をかけて作られる映画にありがちなありきたりな展開じゃなくて、昔の映画だけど新しさを感じさせるものがあった。音楽の世界でよく言う「名曲は廃れない」っていうのと同じかな。唯一無二なものであったと思う。 ドラマで設定は背景は知ってたけど、ウイルステロでほとんど死んだ未来の人類っていうのが面白い。そこでゾンビ映画だったらガッカリだけど。 あと未来を描いてるわけだけど昔の映画の思う未来っていうのは良いもんだね。予想が全然外れてて。2001年に民間の宇宙旅行だって叶わなかったわけだし

『12モンキーズ』に関連する作品