7月7日、晴れ

7月7日、晴れ

1996年製作 日本 109分 1996年5月11日上映
rating 2.4 2.4
5 0

『7月7日、晴れ』とは

フジテレビが製作した人気アーティストとサラリーマンとの恋を、本作が映画監督デビューとなった本広克行が描くラブストーリー。脚本は、テレビドラマで活躍する戸田山雅司が担当する。撮影は、CM界から袴一喜を起用した。主題歌と共に全編に流れる音楽は、ドリームズ・カム・トゥルーが担当した。主演は、人気アイドルの観月ありさと『BeRLiN』(1995年)の萩原聖人。そして共演には、田中律子、升毅 、榊原利彦 、うじきつよしらを迎える。

『7月7日、晴れ』のあらすじ

ある日、仲間とキャンプに来ていたサラリーマンの山部健太(萩原聖人)はそこで一人の美少女・望月ひなた(観月ありさ)に出会う。東京に戻った健太は、キャンプで出会った美少女が国際的アーティストであったことを知る。 それから数日後、二人は再会しデートを重ね、次第に惹かれ合って行くのであった。 7月7日の七夕の日に生まれたひなたは、天の川を一度も見た事がないと言う。そんな彼女に本物の天の川を見せようと、健太はひなたの誕生日にキャンプへ誘う。そして、天の川に感動した二人は1年後の七夕の日もまた一緒に天の川を見る約束をしたのだが……。

『7月7日、晴れ』のスタッフ・キャスト

『7月7日、晴れ』の感想・評価・ネタバレ

『7月7日、晴れ』に関連する作品