アンカーウーマン

アンカーウーマン

Up Close & Personal
1996年製作 アメリカ 125分 1996年5月18日上映
rating 3 3
17 2

『アンカーウーマン』とは

若くして亡くなった実在の女性ニュースキャスター(アンカー)ジェシカ・サヴィッチの実話を元に、アンカーウーマンに憧れ、夢に突き進む女性を描いたロマンチック・ラブ・ストーリー。原作はアランナ・ナッシュ著『アンカーウーマン(邦訳・徳間文庫)』。監督は『フライド・グリーン・トマト(1991年)』、『ブラック・スワン(2010年)』(製作総指揮)のジョン・アヴネット。主演はミシェル・ファイファー、その恋人役にロバート・レッドフォードを迎えた。主題歌にはセリーヌ・ディオンの『ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー』が使用され、作詞作曲を担当したダイアン・ウォーレンが1996年のグラミー賞最優秀映画テレビ視聴覚主題歌賞を受賞している。

『アンカーウーマン』のあらすじ

アンカーウーマンを夢見るタリー(ミシェル・ファイファー)はマイアミのローカル局に入社、お天気キャスターとして精一杯頑張っていた。彼女の上司はかつて全国ネットのトップアンカーだったプロデューサーのウォーレン(ロバート・レッドフォード)。日ごろ彼から目をかけられていたタリーは急遽、政治家に直撃取材を敢行することになった。元々素養があったのか、ウォーレンの指導が功を奏して、彼女の人気は次第にのびていく。しばらくするとフィラデルフィアのテレビ局から報道記者としての入局オファーがあった。ウォーレンへの想いが愛に変わっていたタリーだったが、彼からの後押しもあり一人フィラデルフィアへ向かう。だが大都会の大きな局で、しかも有名な人気女性アンカーもいる。彼女はプレッシャーを感じずにはいられずスランプに。そんな彼女のピンチを聞きつけたウォーレンが何もかも捨てて彼女の元に現れる!

『アンカーウーマン』のスタッフ・キャスト

『アンカーウーマン』の感想・評価・ネタバレ

  • ののはな
    ののはな 3 2014年12月10日

    テレビ局のキャスター、アンカーウーマンになるまでのサクセス&ラブストーリー。 仕事も恋愛も上手い具合に進んで行くので(だからラストに悲劇を持ってきたのだろうけど…) なんか古臭い映画だなぁと思いました。実際古い映画なんだけど。

  • Harumi Terasaki
    Harumi Terasaki 0 2014年8月23日

    1996/5/9 宝塚1

  • 竪琴

    2004.9月以前に鑑賞

『アンカーウーマン』に関連する作品