ザ・ファン
ザ・ファン
rating 3.1 3.1
40 4

『ザ・ファン』の感想・評価・ネタバレ

  • syn490

    なかなかサイコ野郎でしたね。

  • ことね。
    ことね。 3 2016年8月22日

    20160822 映画をみたあと、タイトル読み返すと背すじゾゾゾ

  • HEROHALU

    記録用

  • だーよし♪
    だーよし♪ 4 2015年8月23日

    デ・ニーロの狂気に満ちた感じ よかったです♪

  • Harumi Terasaki
    Harumi Terasaki 4 2014年8月25日

    1996/10/25 宝塚1

  • 山猫

    偏執狂の野球ファンが、野球への情熱以外の全てを奪われてしまった。その結果、情熱は度を超え、殺人すら厭わない歪んだ感情へと変わってしまう…。 デニーロに脱帽。 物語はシンプルだが、だからこそ彼の凄さが滲み出る。

  • 映画記録用(ネタバレ有り)
    映画記録用(ネタバレ有り) 4 2014年7月16日

    TV 笑顔のデニーロが怖い! ナイフのセールスマンのデニーロ演じる主人公ギルは大の野球好きで、なかでも彼の地元ジャイアンツに移籍してきた大物スラッガーのボビーの熱狂的ファンである。 前半ではギルがどんな人間か描かれている。一見普通の人間に見えるが、実はかなりの欠陥を持っていることがわかる。 まず、怒りっぽい。取引先を怒鳴りつけ、野球場では目のあったお婆さんに「なに見てるんだ!」とキレる始末。 次に酷く自己中心的だ。野球にギルほど興味を持っていない息子を野球好きと思い込み球場に連れていき、退屈してる息子に口うるさく解説する。更に息子の足を踏んでまで飛んできたボールを捕りに行ったり、仕舞いには球場に置いてきぼりにしてしまう。 その結果、仕事は首に息子への接近禁止命令がなされる。 とにかく少し危ない男が大好きなスラッガーボビーのスランプを機にどんどん狂気に陥っていく…。スランプを励ます為にボビーに近づくも全く相手にされない、そしてストーカー化。ボビーのライバルの存在を知り彼こそがスランプの原因であると信じこみ、最終的には殺害してしまう。 暫くしてボビーはスランプを脱する。しかし、スランプを脱したのはライバルの死とは無関係と言われ、さらに「ファンは成績がいいと褒め称えるが悪いと扱き下ろす。だから自分はファンのためでなく自分のためだけに野球をする。」と言われる。この考えはギルのやってきたことの全てを否定するものであり、ギルが最も軽蔑する個人主義の選手その物であった。ギルの愛情は憎しみへと代わり更なる凶行へ走る。 ギルの気持ちは共感は出来ないが理解はできる。この一連のギルの感情の流れはその表情に良く現れており流石はデニーロと言ったところだろう。 どんどんとエスカレートしていく様が怖いけれども目を離せなくなる魅力を持った作品。

  • china.

    2014.06.19:吹替

  • 森本航洋
    森本航洋 4 2014年4月18日

    ケープフィアーに引き続きデニーロが演じるサイコキラーは面白い。 愛と憎悪は表裏一体。

  • 竪琴

    2004.9月以前に鑑賞

  • Daichi Yamada
    Daichi Yamada 3 2014年3月17日

    最初っからサイコな奴ではなく、だんだんおかしくなっていく、だからデ・ニーロだったんだな。得意だからね。