スワロウテイル

スワロウテイル

1996年製作 日本 148分 1996年9月14日上映
rating 3.9 3.9
275 43

『スワロウテイル』とは

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(1995年)の岩井俊二が原作・監督・脚本を手掛けた、円の価値が世界で一番だった時代を背景に「円都(イェンタウン)」と呼ばれる空想の町に、大きな夢を求め日本にやって来た移民たちの成功と挫折を描いた物語。本作に登場するバンド『YEN TOWN BAND』名義でサウンドトラックも発売され注目を浴びた。 主演は、三上博史と歌手のChara、そして伊藤歩が務めた。そして、江口洋介、渡部篤郎、山口智子と豪華キャストが脇を固める。

『スワロウテイル』のあらすじ

時は、円の価値が世界で一番だった時代。一攫千金の大きな夢を求め日本にやって来た移民達は、町を「円都(イェンタウン)」と呼ぶ。また、日本人達は違法労働者である移民達を「円盗(イェンタウン)」と侮辱した。円都の娼婦だった母を亡くしたアゲハ(伊藤歩)は、グリコ(Chara)という娼婦に引き取られる。グリコは歌手を夢見る円盗だった。そして、アゲハはフェイホン(三上博史)らが経営している何でも屋で働き始める。 ある日の夜、アゲハを襲おうとしたヤクザを隣人の元ボクサー・アーロウ(シーク・マハメッド・ベイ)が殺してしまい、彼の体の中に隠されていた一万円札の磁気データを発見する。磁気データを元に偽札を作り、グリコ達は一攫千金を得ることに。儲けたお金でライブハウスを買い取り、バンドとして成功していくグリコ達だったが......。

『スワロウテイル』のスタッフ・キャスト

『スワロウテイル』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika

    邦画の中のベストムービーかも。 邦画は苦手だけどこれはレビューに残したい!ストーリーも登場人物も映像も全部にパンチがあってこの独特な世界感にどっぷり魅了。今まで観たことないスタイリッシュでクールな邦画。

  • naho

    結果何を感じたかと言われると 難しいですが 映像と話の流れが好きでした。 イェンタウンの音も好き。 三上博史さんが最初 窪塚洋介さんに見えて 似ていることに勝手に驚き! フェイホンがなんだかずっと可愛いし CHARAも可愛い〜〜〜! 曲も元々大好きなので もっと早く観れば良かったなと後悔。 リャンキがどうなったのか グリコに会えてるといいなと ラストの先が気になりますね。

  • Rene  Horiuchi
    Rene Horiuchi 4 2016年11月17日

    英語と中国語と日本語が混ざる映画。 日本語の使用率が他の言語よりも少ない気がした。 架空の日本をイメージしていたようだが、最近でも目にする情景でもあるように思う。 劇中の曲ももちろんよかった。

『スワロウテイル』に関連する作品