デッドマン・ウォーキング

デッドマン・ウォーキング

Deadman Walking
1995年製作 アメリカ 122分 1996年8月3日上映
rating 3.5 3.5
67 14

『デッドマン・ウォーキング』とは

実在する修道女、シスター・ヘレン・プレイジョーンの著書『デッドマン・ウォーキング』を『ショーシャンクの空に』などの俳優で知られるティム・ロビンスが映画化。凶悪殺人を犯した死刑囚と、彼を更生させるため対話を試みるシスターの姿を描く。シスター・ヘレンに扮するのは、これまでに何度も女優賞を総なめにしてきたスーザン・サランドン。慈悲深い愛情に満ちた人物を好演する。一方の死刑囚マシューには『アイ・アム・サム』などの演技派俳優ショーン・ペンが扮する。

『デッドマン・ウォーキング』のあらすじ

修道女であるシスター・ヘレンはある日、自分宛てに届いた死刑囚からの手紙を受け取る。彼は名を「マシュー」と言い、あるカップルを殺害した罪で服役中だった。 彼には共犯者がいたが、その共犯者は無期懲役刑となり、自分一人だけが死刑判決を下されたことに憤りを覚えているのだった。自分のことばかりで、殺した二人への謝罪の意がまったく感じられないマシューの態度に、シスター・ヘレンは深いショックを受ける。彼女はマシューのアドバイザーとして、彼に死の間際、きちんと慈悲の心を取り戻してほしい一心で、彼と会話を重ねていく……。

『デッドマン・ウォーキング』のスタッフ・キャスト

『デッドマン・ウォーキング』の感想・評価・ネタバレ

  • syn490

    記録用

  • 近藤 博
    近藤 博 3 2015年1月26日

    重い話をジックリとみせてくれます 死刑囚とシスターの心の交流という 単純なストーリーだけど 何か訴えかけてくるものがある 名作ってこういうものかな

  • ⋆⋆⋆⋆
    ⋆⋆⋆⋆ 4 2015年1月18日

    葛藤だらけ

『デッドマン・ウォーキング』に関連する作品