英国王のスピーチ
英国王のスピーチ
the king's speech
2010年製作 イギリス・オーストラリア 118分 2011年2月26日上映
rating 3.6 3.6
1385 174

『英国王のスピーチ』の感想・評価・ネタバレ

  • Sayaka  Toda
    Sayaka Toda 3 1月28日

    ST(言語聴覚士)ローグのセラピーは、OT(作業療法士)の感覚統合とSTの言語訓練を合わせたような、今ではポピュラーにやられているスタイル。 吃音には心のケアがまず第一 自信を持たせる 失敗を過度に怖れない 言語療法はこういうスタンスでやるんだよっていうことが、ローグとジョージ6世のやり取りから滲んでた。

  • もち

    予想以上に面白かった。吃音って大変なんだなと思った。

  • sogo

    周りから、すごくいい映画と聞いてはいたけれど、自分にとってはいい映画どまり。 コリン・ファースは、こういう役は本当に上手い。この役はコリンじゃないと成立しないでしょう。 ただ、最後のスピーチする所は、感情移入しにくかった。なんだろう。危機的状況感がもう少し出てれば良かったのになぁ。

  • Yuki Nagira
    Yuki Nagira 3 2017年12月16日

    ジェフリーラッシュの役所が良い。

  • けぃ

    キャスト最高。 頑張って頑張って威厳ある英国王になるために、日々努力。 観ているだけで元気がでる。

  • 翔

    王族を題材にしつつも華美な装飾を排した良作だと思う。 欲張ることなく焦点を絞ったことでサッパリとした清冽な味わいに仕上がっている作品だと感じた。 だがそれは同時に観る人によってはクライマックス以外では特に盛り上がりの無い、そんなある種退屈な映画に感じてしまうかもしれない。 だけどそのシンプルさが無ければ生まれ得なかったリアリティのお陰でジョージ6世やその主治医らの人物像がよりハッキリと捉えられたのも事実。 僕は十二分に楽しめたが楽しめない方もいらっしゃるだろうなというのが率直な感想

  • tmck3000

    上品だけど汚い言葉も出てきてかなりfuckinな映画。つまり、おもしろかった! 3.6

  • syn490

    アカデミー賞には値しない。 コリンファースは最高。

  • Shinji Sasaki
    Shinji Sasaki 3 2016年5月11日

    2016.5.10鑑賞

  • chuchupachups
    chuchupachups 3 2016年4月29日

    最後のスピーチで、練習のときみたいにふぁっくって言うかと思って焦った。 月9の女の子がタバコを吸ってるのは、ここからきてるのかな?

  • ブルーガール
    ブルーガール 4 2016年4月12日

    吃音症に関する映画で初めて見たものです。 吃音症のような症状が存在することすら知らない状態で見たのですが、 それによる苦しみ、プレッシャー、また周りの人間の反応などがありありと描かれており、考えさせられる内容でした。 当時の時代(第二次世界大戦が始まる前)の空気感も描かれており、映画としての完成度が素晴らしい作品でした。

  • Minori

    普通に面白いけど、そんなに騒がれるほどの映画じゃないかなっていうのが第一印象 イギリス王室のタブーのようなもの(吃音とかお兄さんとか)を題材に出来たのも、イギリス人俳優が演じて、イギリス人監督が撮ったからだと思った ジェフリー・ラッシュにオスカー取って欲しかった

  • はち子
    はち子 5 2016年2月16日
  • Dora

    「ものすごくうるさくてありえないほど近い」以来に泣いた気がする。吃音症のジョージ6世と彼と共に歩もうとするライオネル。ライオネルはお互いをあだ名で呼び合う全くの"平等"な友人関係を希望するが、対してバーティー(ジョージ6世)はあくまでも身分をわきまえた関係を求める。そんなぶつかり合う二人が徐々に向き合う行き着く関係性とは……。ここにこの映画の醍醐味があると思う。最強のふたりと差別化されてる部分は片方がもう片方に寄り添うのではなく、お互いがお互いを尊重して向き合うところにあると思う(最強のふたりを観たのが随分前だから的外れだったら申し訳ない)。あの映画も本当に好きなんだけど(今レビューを書いたら☆5をつけるかもしれない)、バーティーの自分を強く持って最後までそれを貫いている姿が良かったと思う。少しずつ打ち解けるとはまた少し違う、彼は元々優しかったんだってそういう風に思わせてくれる。一人に人間如きでブレないその人間性こそが王に相応しかったのかもしれない。これはいい映画だったから良かったけど、実話元にした映画最近本当に多いな……。

  • 葛城

    心があたたまる人間ドラマ コリンファースの声が心地いい笑

  • ことね。
    ことね。 4 2016年1月19日

    20160119 英国王の見せてはいけない脆さを受け止める人に身分は関係ない。大切なのは信頼

  • サムライ
    サムライ 3 2016年1月8日

    2016.01.07 BD

  • ゆし

    主人公の過去や吃音に対するトラウマがもう少し具体的であれば、乗り越えた感動が増したように思う。

  • 福庭恭平
    福庭恭平 4 2015年12月5日

    すばらしかった 吃音という厳しい病と必死に立ち向かったその背景にはライオネルっていうすばらしい医者とのすばらしい関係があった ライオネルの一言一言が笑わせてくれるとともに勇気をもたらしてくれる。 そしてなによりもコリンファースの演技に脱帽

  • Satoshi Mogi
    Satoshi Mogi 5 2015年12月2日

    これすごく好きだなー。プレッシャーを背負った王の苦悩、自暴自棄になりながら努力する姿は心打たれます